鬼の洗濯板

自然が生んだ芸術! 青島で見られる、波が岩になったような地形

「鬼の洗濯板」は青島周辺や日南海岸の海岸線などで見られる、波が石化したような珍しい地形だ。干潮時には岩の上を歩いたり、岩の間にいる海の生き物を間近で観察することもできる。

その名のとおり、鬼が洗濯しそうな大きな凸凹の地形をしている その名のとおり、鬼が洗濯しそうな大きな凸凹の地形をしている

青島周辺などで見られる珍しい地形

幾重にも波が打っているような珍しい形の地形「鬼の洗濯板」。日本では青島の周りや房総半島の南端で見ることができる。その珍しい形は、700万年位前に海中にあった岩が地殻変動により隆起し、波や海水などによって浸食されることで形作られた。まさに悠久の時間と自然がつくり上げた芸術といえるだろう。また鬼の洗濯板にはユニークな形の岩もたくさんあるため、見ているだけでも楽しい。なお、鬼の洗濯板は干潮時に出現するため、観光する際には干潮時間を確認しておこう。

鬼の洗濯板と青い海、水平線のコラボレーションが美しい 鬼の洗濯板と青い海、水平線のコラボレーションが美しい

岩のなかにはボコボコした蜂の巣のようなものもある 岩のなかにはボコボコした蜂の巣のようなものもある

島をぐるりと取り囲む、青島の鬼の洗濯板

鬼の洗濯板が見られる有名なスポットが「青島」だ。周囲1.5kmほどの小さな島の周りを鬼の洗濯板がぐるりと取り囲んでいる。干潮時にはその全貌が明らかになり、凸凹した岩の上を歩くこともできる。岩の間の海水には小魚やカニの姿も見られるため、ぜひのぞき込んでみよう。なお、青島の中心には縁結びにご利益があると人気の「青島神社」が鎮座しており、島自体がパワースポットとしても知られている。鬼の洗濯板を見たあとはぜひお参りをしていこう。

鬼の洗濯板は足元が悪いため、歩きやすい靴を履いて歩こう 鬼の洗濯板は足元が悪いため、歩きやすい靴を履いて歩こう

奥に見える青島には亜熱帯植物が生い茂っており、南国ムードたっぷり 奥に見える青島には亜熱帯植物が生い茂っており、南国ムードたっぷり

道の駅フェニックスで少し高い位置から鬼の洗濯板を眺める

鬼の洗濯板が見られるもうひとつの有名なスポットが「道の駅フェニックス」だ。青島から南に約5km、車で約8分の距離にあるので、青島とセットで訪れてもいいだろう。道の駅では、標高約50mにある展望デッキから太平洋の海と鬼の洗濯板を一望できる。少し高い位置から眺めることで、青島とはまた違った表情の鬼の洗濯板を見ることができるだろう。なお、道の駅内には宮崎の特産物が売られている「物産館」や太平洋を一望できる「レストラン堀切」などの施設がある。

岩の形が美しいポイントを探して撮影を楽しもう 岩の形が美しいポイントを探して撮影を楽しもう

宮崎の自然を感じるなら高千穂峡・関之尾滝もおすすめ

鬼の洗濯板以外にも宮崎の自然を体感したいなら「高千穂峡」や「関之尾滝」にも足を運ぼう。高千穂峡は全長約1.7kmの渓谷で、宮崎でも屈指の絶景スポット。高千穂峡ではボートに乗って、高さ80-100mほどに達する迫力満点の絶壁と流れ落ちる滝を間近で見ることができる。また関之尾滝は「日本の滝100選」にも選ばれた滝。滝自体も迫力があるが、もうひとつの見どころが滝の上流にある「甌穴群(おうけつぐん)」だ。甌穴とは、川底の岩盤にできた丸い穴のこと。関之尾滝の甌穴群は規模が世界一といわれている。ぜひ橋を渡りながら、甌穴群を間近で観察してみよう。

高千穂峡・関之尾滝ともに宮崎を代表するスポット。それぞれ鬼の洗濯板がある青島から距離はあるが、ぜひ足を向けたい(写真は鬼の洗濯板) 高千穂峡・関之尾滝ともに宮崎を代表するスポット。それぞれ鬼の洗濯板がある青島から距離はあるが、ぜひ足を向けたい(写真は鬼の洗濯板)

スポット詳細

住所
宮崎県宮崎市青島
エリア
青島エリア

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          青島エリアのおすすめスポット

          宮崎のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました