NAVITIME Travel

札幌市資料館(2020/5/31まで休業中)

資料/郷土/展示/文学館

大通公園の西に位置しており、建物ができた大正15年(1926)当時は、札幌控訴院(現札幌高等裁判所)として使われていた。貴重な札幌軟石を使って作られており、国の登録有形文化財にも指定されている。館内には「まちの歴史展示室」や「刑事法廷展示室」のほか、札幌出身の漫画家・画家おおば比呂司の作品を展示した記念室など、市民が楽しめるギャラリーもある。

place

北海道札幌市中央区大通西13

phone 0112510731

札幌市資料館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/09/15 札幌の歴史が分かる
1926年に建てられた札幌控訴院の建物がそのまま資料館に。都市の歴史資料館としては小規模の展示だがフリーで入れ気軽に見れる。裁判所であった部屋もそのまま残されていて見学できる。札幌出身のおおばヒロシさんの作品や仕事部屋を再現した資料観光も中にある。
投稿日:2019/08/31 立派な建物です
大通公園の西の果てにある美しくて、立派な建物です。
中には札幌オリンピック等の資料が展示されて無料で閲覧できます。
投稿日:2019/07/11 札幌軟石でできた重厚な石造り
支笏火山の火山灰が凝集してできた札幌軟石で作られた旧控訴院。
戦後資料館になったが、資料は何もなく、判事と検事が隣同士に座って裁判が行われた刑事法廷の不気味さが印象に残る貴重な司法遺産。

おすすめ記事

詳細情報

住所
北海道札幌市中央区大通西13 [ 地図 ]
エリア
電話番号
0112510731
時間
9:00-19:00
休業日
月(祝の場合は翌平日)、12/29-1/3
料金
入館無料
駐車場
なし
クレジットカード
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
備考
臨時休業:2020/5/31まで休業中(2020/5/12時点の情報です)
※情報が変更されている場合がありますので、必ず公式情報をご確認ください。

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          北海道 の主要エリア

          around-area-map

          北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

          関連する記事

          関連する観光コース

          北海道の写真集