【伝統芸能】唄入門!基礎知識を知り鑑賞に行こう!


2020.01.08

TravelBook

日本の伝統芸能のひとつに唄(うた)があります。その種類は様々で、古代から伝わってきた日本発祥のもの、中国大陸や朝鮮半島の影響を受けたもの、それらに舞をつけたもの、歌舞伎や浄瑠璃の伴奏となるもの、そこから派生した長唄(ながうた)、小唄(こうた)、地唄(じうた)、歌沢(うたざわ)、端唄(はうた)・・・実に多様です。唄はそもそもいつからあるのか、また、どのように発展し分化していったのか。唄の歴史は長く、そしてその発展の仕方はとても複雑です。このまとめでは、唄が初めての方にもわかるようにまとめてあります。ぜひ唄に興味を持って、このまとめを参考にして観賞に出かけてみてくださいね。 

read-more

この記事を含むまとめ記事はこちら