【岩手】世界遺産「平泉」の観光ガイド:中尊寺金色堂ほか、見どころ解説


2017.08.28

TravelBook

東北の平泉は岩手県南西部に位置し、かつて奥州藤原氏が一大勢力を誇った地域です。この地の藤原氏は豊富な黄金の産出を背景に、当時の文化の粋を結集した寺院群を造りました。かのマルコ・ポーロが「東方見聞録」に記した「黄金の国ジパング」は、平泉のことだったのではないかと言われています。2011年には日本国内では12番目、東北地方では初の文化遺産として、世界遺産に登録されました。平安京とは一味違う、東北の地に花開いた独自の文化を堪能することができる貴重な文化遺産となっています。こちらのページでは、平泉の文化遺産の歴史と観光の見どころを詳しく紹介します。 

古都ひらいずみガイドの会(一般社団法人)
place
岩手県西磐井郡平泉町平泉字泉屋76
phone
0191465710
no image
毛越寺
place
岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58
phone
0191462331
opening-hour
8:30-17:00[11/5-3/4]8:30-16:…
中尊寺
place
岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
phone
0191462211
opening-hour
8:30-17:00[11/4-2月末日]8:30…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら