南蛮貿易で栄えた異国情緒ある町並み。長崎県・平戸を歩く


2017.04.19

トリップノート

かつて平戸藩松浦家の城下町だった長崎県・平戸。1609年にオランダ商船が訪れ、1641年に拠点が出島に移転するまでの間、オランダとの貿易港として栄えました。その面影は現在でも残っており、異国情緒あふれる町並みを求めて多くの観光客が訪れます。今回は平戸の南蛮貿易で栄えた城下町を、平戸オランダ商館から平戸城まで歩いてみましょう。 

平戸オランダ商館 1639年築造倉庫(復元)
rating

3.5

91件の口コミ
place
長崎県平戸市大久保町2477
phone
0950260636
opening-hour
8:30-17:30
平戸城
rating

4.0

166件の口コミ
place
長崎県平戸市岩の上町1458
phone
0950222201
opening-hour
8:30-17:30
松浦史料博物館
rating

4.0

58件の口コミ
place
長崎県平戸市鏡川町12
phone
0950222236
opening-hour
8:30-17:30
平戸ザビエル記念教会
place
長崎県平戸市鏡川町269
phone
0950238600
opening-hour
[内観]9:00-16:00 ※外観はい…
幸橋(オランダ橋)
place
長崎県平戸市岩の上町1508-3
phone
0950229140
崎方公園
place
長崎県平戸市大久保町2529
phone
0950229140
opening-hour
24時間

この記事を含むまとめ記事はこちら