森の中にチーズの家!!巣箱の家!?可愛すぎる小諸ツリーハウスプロジェクト


2015.01.13

LINEトラベルjp 旅行ガイド

子どもの頃、憧れた家はどんな家ですか?木の上に暮らしてみたいと夢見たことはありませんか?自然豊かな長野県小諸市の森の中にとっても可愛いツリーハウスがあります。制作したアーティストによってそのコンセプトは様々。自然と一体化する個性豊かなツリーハウスは、見ているだけでワクワクします。小諸市の高台から見る美しい景色とアートなツリーハウスを鑑賞に出かけませんか。
自然と一体化するツリーハウス
小諸市街地から車で15分ほど、雄大な浅間連峰を正面に望む標高700mの森の中に個性豊かなツリーハウスが点在しています。小諸の四季折々の美しい景色と共に可愛らしいツリーハウス鑑賞を楽しむことのできる場所となっています。
ツリーハウスとは、1本または複数の樹木を土台(基礎)とした木の上に建てられた家です。ツリーハウス最大の魅力は、自然と一体化できること。森の中に生息する動物たちと距離が近づくようなツリーハウスとしてデザインされたのが写真の、「bird-apartment」。遠くから見るとひとつの小屋のようですが、近づくと72個の小さなな穴があります。そしてその反対側には、人が出入りできる大きな穴があり、そこから中に入って鳥の様子を観察できる空間になっています。
森の中に住む鳥たちと共に過ごすことで、鳥たちの愛らしい魅力を発見できそうな素敵なツリーハウスですね。
展望最高のチーズの家
小高い山の森の中には、6棟の個性豊かなツリーハウスが点在しています。「秘密基地として自分の庭に1棟持ち帰るなら・・・」なんて考えながら鑑賞すると面白いですよ。一番見晴らしのよい場所に建っているのがこのエッジの効いた「チーズハウス」です。
小さな小動物が、大きなチーズを見つけ、その戦利品を奪われないように高い木の上まで持ち帰り、頬張るイメージの作品となっています。チーズと長野産ワインを片手に雄大な景色を眺めながらゴロゴロしたら気持ちよさそうですね。
蝶に乗って飛ぶ!!遊具みたいなツリーハウス
そして、一番遊び心があるツリーハウスが「オオムラサキのツリーハウス」。周辺の豊かな森には、オオムラサキが生息しています。悠然と飛ぶオオムラサキに乗って空を浮遊する疑似体験ができるツリーハウスなのです。
オオムラサキの羽をイメージした大きな屋根付きのツリーハウスは、木にぶら下がっています。その上に乗って揺れるとまるで蝶に乗って空を飛んでいるように浮遊します。ふわふわと森の中を飛んでいるような感覚を楽しめます。
蝶に乗って飛ぶ!!遊具みたいなツリーハウス
自然とアートを楽しめる小諸ツリーハウスプロジェクト
記事では、ツリーハウス3棟を紹介しましたが、敷地内には6棟あり、10棟目指して活動しているそうです。個性豊かなツリーハウスをぜひワクワクしながら鑑賞ください。子どもの頃憧れたツリーハウスが、とっても身近に感じることができます。
これらのツリーハウスは、インスタントラーメン発明者・安藤百福の生誕100周年を記念して小諸市に建設された「安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター(略:安藤百福センター)」内にあります。
年2回(例年6月と11月)のイベント時以外は、安全上ツリーハウスの内部へは入ることができませんのでご注意ください。イベント時は混雑しますので、静かな環境でツリーハウス鑑賞するなら普段の日もおすすめです。
【安藤百福センター】
〒384-0071 長野県小諸市大久保1100番 
TEL0267(24)0825 
※ツリーハウス鑑賞時間は、9時から16時まで。予約不要。
※安藤百福センター事務所にて受付ください。地図と素敵なパンフレットが用意されています。
 

安藤百福記念自然体験活動指導者養成センター
place
長野県小諸市大字大久保1100
phone
0267240825
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら