世界三大恐竜博物館「福井県立恐竜博物館」42体の恐竜に化石発掘体験も


2015.05.10

LINEトラベルjp 旅行ガイド

福井県勝山市には世界三大恐竜博物館の1つに数えられる福井県立恐竜博物館があります。実は日本で発掘された恐竜化石の大部分は勝山で発見採取されたもの。国内最大級の展示室には42体の恐竜の全身骨格や化石標本、ジオラマ等を展示。野外恐竜博物館では恐竜化石が発見された地層や足跡化石を見ながら化石発掘体験もできます。レストランやミュージアムショップも充実。外にはかつやま恐竜の森が広がり家族で一日中楽しめます。
高さ37.5mの無柱空間には42体もの恐竜全身骨格展示、動く復元模型も
2000年に開館した福井県立恐竜博物館は敷地面積約30,000平方m、常設展示室は4,500平方mで国内最大級を誇ります。エントランスホール(3階)から地下1階の展示室へ長さ33mのエスカレーターで下りていくと、化石標本が飾られたダイノストリートが迎えてくれます。
その奥長、径84m、短径55m、高さ37.5mの巨大無柱空間には「恐竜の世界ゾーン」があり、動く復元模型やジオラマ、そして42体もの恐竜の全身骨格が展示されています。
日本で発掘された恐竜化石の大部分は勝山市で発見されたもの!
勝山市では1982年中生代白亜紀前期のワニ類化石が発見されて以降、肉食恐竜などの歯など多数の化石が発見採取され、その数は日本で発掘された恐竜化石の大部分を占めています。
館内に展示された42体の恐竜化石のうち、7体は実物の骨格。福井の恐竜コーナーには福井産の4体の化石標本と復元骨格も展示されています。福井で発見された獣脚類のフクイラプトル、鳥脚類のフクイサウルス、ニッポノサウルスは必見です。
アメリカで発見された全長15mカマラサウルスの産状化石
こちらはアメリカ・ワイオミング州で発見されたほぼ全ての骨が揃った全長15mもあるカマラサウルスの産状化石標本です。2009年福井県立恐竜博物館が購入、クリーニングと補修複製、全身骨格の復元を行ったもので、現在ダイノストリートで常設展示されています。
42体が並び立つ恐竜の全身骨格も圧巻ですが、この土に埋められた標本は恐竜が眠る遺跡のようにも思え、古代ロマンを掻き立てられます。
アメリカで発見された全長15mカマラサウルスの産状化石
また館内には恐竜だけでなく、陸域と海の堆積物やそこに埋積された化石や地球を構成する岩石等を系列的に展示する「地球の科学ゾーン」、46億年におよぶ地球の歴史の中で生命が繰り返してきた進化と絶滅を知る実物大のジオラマを展示する「生命の歴史ゾーン」もあります。
化石の発掘体験にレストラン・ミュージアムショップも充実!
また2014年、フクイサウルス、フクイラプトル、フクイティタンなど新種の恐竜化石の発掘現場には新たに「野外恐竜博物館」がオープン。恐竜化石が発見された地層や恐竜の足跡化石を間近で見ながら化石発掘体験ができます。
この他、レストランディノは「恐竜の巣カレー」やご当地グルメの「ボルガライス」などが楽しめます。このレストランは和食やキッズメニューも充実し、親子三代で利用できるのが嬉しいです。ミュージアムショップにはフィギュアから衣類、雑貨まで様々な恐竜グッズが揃っています。
※化石発掘体験は、博物館の入り口に情報が掲示されています。入館時に時間等を確認し、問合せや申込をしましょう。
外には「かつやま恐竜の森」、恐竜の遊具などで一日遊べます
福井県立恐竜博物館は、かつやま恐竜の森の敷地内にあります。博物館前のチャマゴン広場には子どもが登って遊べる恐竜の遊具などがあり、小さな子どもを連れた親子連れなどが楽しく遊んでいます。
ここは獣電戦隊キョウリュウジャーのロケ地にもなりました。
博物館のチケットはその日であれば、一度館の外に出ても、また館内に再入館できます。大人でも一日ゆっくり楽しめる恐竜ミュージアムに是非一度遊びに行ってみませんか。 

read-more
福井県立恐竜博物館
rating

4.5

691件の口コミ
place
福井県勝山市村岡町寺尾51-11 かつやま恐竜の森内
phone
0779880001
opening-hour
9:00-17:00(入館16:30まで) ※…

この記事を含むまとめ記事はこちら