阿波尾鶏の中華そば!四国巡礼に外せない徳島県の絶品グルメ


2019.03.29

LINEトラベルjp 旅行ガイド

四国八十八ケ所の23番札所の薬王寺の門前町にある「藍庵」は徳島県南産の高級地鶏“阿波尾鶏”で丁寧に出汁をとった化学調味料不使用のスープが特徴の中華そば専門店。医薬の仏として名高い薬師如来が鎮座する薬王寺のお膝元で、薬膳を取り入れたアッサリ味が特徴です。地元の方はもちろん旅人にも大人気。休日は開店前から列ができる日も多い。心身ともに癒える最高の中華そば!四国巡礼におすすめです。
旅路の疲れを癒やしてくれる「藍庵」の中華そば
海と山に恵まれた自然豊かな徳島県の南部に位置する美波町は、毎年夏になるとうみがめが産卵に来る大浜海岸、また四国八十八ケ所の23番札所の薬王寺でも知られる場所。この薬王寺は医薬の仏として名高い薬師如来が鎮座し、この門前町には薬膳メニューを提供する飲食店が点在しています。
その中でも注目なのは古民家をリノベーションした中華そば専門店の「藍庵」でしょう。ここでは徳島の素材にこだわり、身体に優しい薬膳ラーメンが食べられます。また暖簾や食器など藍染の藍色取り入れた徳島らしさも魅力的。
薬師如来を本尊とし信仰を集める四国八十八ケ所の23番札所の薬王寺。その次は高知県にある24番札所の最御崎寺です。その距離は過酷と言われる約75キロに及びます。お遍路さんの多い土地だからこそ、旅路の疲れを癒やしてくれる薬膳。ここは大切なポイント!
薬膳において気力・体力を補うに最も適した食材と言われる鶏肉。この藍庵では鶏肉を全て徳島県南産の高級地鶏“阿波尾鶏”を採用。また疲労回復・消化吸収を助けるナツメ、高麗人参、生姜エキスなど、旅人には特におすすめの内容となっています。
徳島県の素材と旨さへのこだわり
薬膳と聞けば、体に優しいイメージがある一方、独特な風味が気になるトコロ。でも、ご安心ください。徳島県が誇る阿波尾鶏から丁寧に出汁をとった化学調味料不使用のスープは、アッサリした口当たりの中にコクがあって、まろやか!とにかく美味しい。
一般的には、徳島の中華そばと言えば「徳島ラーメン」と親しまれ、味の濃い印象がありますが、まるで別物。ここでは味噌汁のように毎日食べられると地元でも大評判。
東京の板橋区の人気店「中華そばモリス(Morris)」を経営する店主の松田さんが、徳島に魅入られ2018年に移住し出店したのが、この美波町の藍庵というお店。ここでは徹底的に地元の徳島県の素材にこだわっています。
例えばナルト。中華そばにおいてナルトといえば象徴的な引き立て役。ナルトは徳島県の鳴門の渦潮がモデルとの説もあり“地元の魚を使った最高のモノを使いたい”と地元で人気の「にいや蒲鉾店」に相談し、特注で作ってもらったと言う。
そして徳島が誇る“阿波尾鶏”も豪快に使用しています。阿波尾鶏はコクがあってコシのある肉質が特徴の高級地鶏。徳島に来たら絶対に食べておきたいご当地食材です。
この店では、その阿波尾鶏でとった贅沢な出汁のスープだけでなく、炭火でじっくりと焼かれた阿波尾鶏の叉焼も食べられます。地元の方だけでなく、土日になると遠方からの客も多く、開店前から行列が出来るのは納得ですね。
高齢の方にもおすすめ!阿波尾鶏の中華そば
「地元の素材を活かし徹底的にこだわった中華そば」「美味しいと評判の店」そんな期待感を持って食べに行って、その期待を更に上回る衝撃を与えてくれるのが藍庵と言う店の実力。
鶏ガラの澄んだ旨味、最後の一滴まで飲み干してしまうスープは、単にアッサリではなく、コクと体に馴染む優しいコッテリ感もある。そして心身が温まる薬膳の魅力。この味はラーメン好きの若者はもちろん、高齢のお爺ちゃん、お婆ちゃんにもお勧めです。
中華そばの味は「醤油」「塩」と選べ、豪華に食べるなら特製中華そば(味玉+鶏叉焼・メンマ増量)がおすすめ。阿波尾鶏の叉焼の柔らかくプリッとした食感は感動のレベル。
もし徳島の濃い味(中華そば)が好きで、アッサリした味に物足りなさを感じると言う場合は、一度目を閉じてスープをグッと飲んでみてください。味わえば、味わうほどに奥深く変化する。それが阿波尾鶏の美味しさです。
阿波尾鶏炭火炙り親子丼も!
阿波尾鶏を徹底的に堪能したい!そんな方には「阿波尾鶏炭火炙り親子丼」もおすすめ。アツアツご飯に炭火で炙った阿波尾鶏、ふわとろ地鶏卵の親子丼。
ボリュームは中華そばと一緒に食べられるお手頃サイズ。この親子丼は必要以上の味付けはされておらず、阿波尾鶏の食感と旨み、地鶏卵の濃厚さをダイレクトに味わえます。素材の味をそのまま残した贅沢な親子丼です。 

read-more
阿波尾鶏中華そば 藍庵
place
徳島県海部郡美波町奥河内字寺前229-1
phone
0884701590
opening-hour
11:00-※売り切れ次第終了
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら