『ノルウェイの森』撮影地!兵庫「峰山高原ホテルリラクシア」で高原リゾート


2018.08.08

LINEトラベルjp 旅行ガイド

兵庫県の神河町。この町の大河内高原にある二つの高原は、どちらも大河ドラマや映画の撮影地になった自然豊かな場所です。秋になると金色のススキの大海原が広がる「砥峰高原」。そしてもう一つが、森が魅力の「峰山高原」です。撮影地の散策だけでなく、バーベキューなども楽しめ、高速道路からもアクセスしやすい「峰山高原ホテルリラクシア」。ここは、宿泊だけでなく日帰りでも高原リゾートを楽しめるお勧めスポットです。
数々の撮影が行われた大河内高原
かつて生野銀山でとれた銀を姫路港まで運んでいた「銀の馬車道」。今でも昔のメイン道路だったこの道の界隈には、その面影を残すものが残っています。その銀の馬車道から西側に入ったところにあるのが、砥峰(とのみね)高原と峰山(みねやま)高原からなる大河内(おおかわち)高原です。
NHKの大河ドラマ『平清盛』『軍師官兵衛』だけでなく民放のドラマなどの撮影地に何度もなっている大河内高原。その峰山高原側に「峰山高原ホテルリラクシア」が建っています。
ホテル前からすぐに行ける撮影地
『ノルウェイの森』が撮影されたのはススキが黄金色になりだす10月ごろから、翌年の7月にかけて。映画の中では、白銀の世界や新緑の美しい木漏れ日など高原の美しい風景が描かれています。
リラクシアの森への入り口は、ホテルの正面に向かって左手。映画の撮影地へと案内する表示が出ているので、ここから森へと入っていきましょう。
小1時間で散策できる幻想的な森
峰山高原は1000メートルを超える山々に囲まれた、すり鉢状の広大な高原です。ここは氷河期に形成されたなだらかな地形が特徴で、クヌギやナラの林、そしてササ原等が広がります。
明るい森の中には幾筋もの小さな流れがあり、ところどころに木製の橋もかかります。森の中には道案内が出ていて、ぐるっと回れば、約1.8キロ、1時間足らず。美しい緑に囲まれた中で平地では聞くことのない野鳥の声に耳をかたむけていると、もしかしたら、シカやウサギなど可愛い森の住人がひょっこり顔を出してくれるかもしれません。
高原リゾートを楽しめるホテル設備
それではホテルの設備を簡単にご紹介しましょう。テニスコートは8面も用意されているのでラケットを借りて楽しむこともできます。また、小さなお子さん連れなら、なだらかな高原の草地で遊んだりハンモックに揺られたり。標高約1000メートルという高い場所にあれるので、朝夕は空気がひんやり。羽織るものを用意しておいた方がいいでしょう。
また、ホテルに宿泊するだけでなくキャンプ設備もあり、グランピングもおすすめです。手ぶらで来て、楽しく楽にキャンプできるプランもご用意。思い思いに高原を満喫してくださいね。
日帰りでも高原リゾートを
ここは都会では味わえない満天の星空も自慢の場所。ホテルの売店近くに星空観察などに使う防寒着が真夏でも用意されているのを見ると、なをさら高原リゾートとしてお勧めの場所だと感じていただけるでしょう。
宿泊が難しい場合でも、森を散策した後は開放感のある大きな窓のレストランで食事をしたり、サウナのある大浴場でほっこりしたり…日帰りでもゆったり高原を楽しめる時間が待っています。
日本海側と瀬戸内海側をつなぐ播但連絡道路から近い峰山高原ホテルリラクシア。旅のプランの中にこの高原も加えてみませんか。 

read-more
星空の見えるリゾートホテル 峰山高原ホテルリラクシア
place
兵庫県神崎郡神河町上小田881-146
phone
0790341516

この記事を含むまとめ記事はこちら