沖縄そばの新ジャンル!「琉球拉麺スパイスカレーteianda」


2017.12.25

LINEトラベルjp 旅行ガイド

沖縄料理と聞いて挙げられるものの一つに沖縄そばがあります。県民に愛される食べ物の一つで、日常的に食べられている沖縄そばは、出汁をしっかり取ったスープと、麺が特徴の料理。その伝統的な沖縄そばを進化させて、「琉球拉麺」として沖縄そばとは違ったスタイルで提供しているお店があります。出汁や麺にこだわっているのは、従来の沖縄そばと同じ。新ジャンルの琉球拉麺を味わってみませんか?
沖縄そばの新ジャンル「琉球拉麺」
「琉球拉麺スパイスカレーteianda」で提供されるのは、沖縄そばと同様の製法で作られた生麺を、丁寧に作られた出汁スープと味わう琉球拉麺と、数種類の香辛料を使って作られるカレーです。お店の名前となっている「teianda」とは、沖縄の方言、「てぃーあんだー」の事で、直訳すると「手の脂」。料理をする人の手の脂が加わるくらいに、心を込めて手作りする、といった意味があります。店名の通り、「teianda」では、提供される料理は、一つ一つ手がかかっていて、こだわりがあるものばかりです。
ドリンクとサラダをセットで注文がお勧め
「teianda」のメニューにある琉球拉麺やスパイスカレーは単品でも注文できますが、ここはぜひドリンクとサラダが付いたセットがお勧め。価格がお得ということはもちろんなのですが、サラダ以外にも野菜を中心としたおかずが一緒に提供されます。お客さんのほとんどが、単品ではなくセットにされるというのも納得です。野菜の煮物は口に含むと出汁がじゅわっと染み出し、ほっとする優しい味わいです。
サラダに添えられているのは、自家製人参ドレッシングです。このドレッシングに使われている人参は、沖縄県産のブランド人参が使われています。主に使用されるのが、キャロットアイランドとして知られる沖縄本島中部にある津堅島(つけんじま)の人参と、沖縄本島南部にある糸満市で作られている美(ちゅ)らキャロットです。
津堅島の人参は、島内で消費されるのがほとんどで、島外に出るのはごくわずかという希少な人参です。津堅島の人参、糸満市の美らキャロット共々、糖度が普通の人参と比べて高く、甘みがあり、サラダやジュースなど生で食べるのに適しています。
非加熱で手作りされる自家製人参ドレッシングは、無添加なので、体に嬉しいもの。また、人参が苦手な子供でも、このドレッシングなら食べられるというくらい、ファンが多いドレッシングです。
絶対に味わいたい!丁寧に作られた出汁が光るスープ
出汁とスープにこだわった琉球拉麺は、常時数種類用意されています。出汁に沖縄県産あぐーを使用した贅沢かつこだわりのあるあぐー豚骨拉麺や、かつお、にぼし、豚を使い丁寧に作られた基本の出汁を使い、スープと調味料を変えて作られる、鶏塩拉麺や魚介醤油拉麺などなど、魅惑的なメニューが並びます。
その中でも人気のメニューの一つが、鶏白湯海老拉麺。じっくり煮込んで作られた鶏白湯スープに、濃厚な海老のベースが加わっためずらしい拉麺です。麺は自家製の生麺が使われていて、濃厚なスープにもちもちの麺が絡みます。トッピングされているレモンをスープに合わせると、レモンの酸味が加わり、味変を楽しむことができます。
カレーは数種類のスパイスをブレンドして作られたもので、季節の野菜が味わえるカレーや、チキンカレーがあります。
店内の調度品にも心のこもった手作り品が
外人住宅と呼ばれる、基地関係で仕事をする人たちが住んでいた住宅を改装した店内は、一般の住宅同様、いくつかの部屋に分かれています。部屋ごとに置かれた調度品が微妙に違うのに、統一感があるのがとても素敵。料理を楽しむのはもちろんですが、店内のインテリアも細かいところにこだわりがあり、見ていて飽きません。
例えばテーブルは、学校の机をリメイクしたテーブルやアンティークのミシン台をリメイクしたものなどがあります。料理以外の、店内の調度品にまで手がかけられており、店主の店づくりのこだわりが感じられます。
お店には、小さなお子さんと一緒に食事がしやすいように、高さが低めのテーブルと椅子のセットが用意されています。
もちろん料理のメニューにもお子様用のメニューがあります。また、化粧室にはおむつ替えスペースがあるなど、小さなお子さんのいる家族でも訪問がしやすいように工夫されています。
「teianda」は、沖縄本島中部の浦添市の港川ステイツサイドタウンと呼ばれる、四角い平屋の建物が集まるエリアにあります。もとは住居として利用されていた建物ですが、今はその多くが店舗として利用されており、人気のスポットとなっています。「teianda」は、窓枠や扉の水色と白壁が可愛らしいカフェ風スタイルの店舗です。
港川ステイツサイドタウンは、沖縄本島を通る国道58号線から近いところにあるで、路線バスやレンタカーで行きやすいです。
伝統ある沖縄そばと同じように、出汁にこだわり、手作りの生麺を使いながら、新しく誕生した琉球拉麺。
店主のこだわりがギュッと詰まった、心のこもった「teianda」の丁寧なおいしい料理をぜひ味わってください。 

この記事を含むまとめ記事はこちら