首都圏から1時間!熱海でダイビングするなら「ベルーガ」で


2017.04.05

LINEトラベルjp 旅行ガイド

首都圏に近いリゾート地、熱海にあるドルフィンスクール「ベルーガ」。スキンダイビングやシュノーケリング、スキューバダイビングの体験ツアーから、インストラクターコース講習や憧れのドルフィンスイムまで幅広いメニューを取り扱うダイビングショップだ。熱海を一望できる宿泊可能なクラブハウスやハルビンから伝えたロシア料理を味わえるカフェもあり、定番の熱海旅行では味わえない熱海を満喫できる。
熱海でダイビングに挑戦
熱海までは東京から新幹線で約1時間。熱海には船で数分という近場にダイビングスポットがあるので、ダイビングはしたいが船に弱いという人にも安心だ。
スキューバダイビングの人気スポットとしては水深8mにある全長40mの水中洞窟(例年11月~3月)や、1986年に沈み真っ二つとなった5千トン級の大型船「旭十六号」などがある。「旭十六号」は船体をソフトコーラルが覆い、カラフルな魚たちの住処となっている。
ドルフィンスクール「ベルーガ」では熱海や伊豆などでのダイビングツアーを取り扱っており、スキューバダイビングやスキンダイビングのPADI、CMAS、NAUIの3つの認定団体のCカードが取得可能なコースも初心者からプロレベルまで対応できる豊富なコースを取り揃えている。
ボートに乗らずに港から海に入っていき、ウェットスーツ(冬はドライスーツ)を着て上手に泳ぐ方法を教えてもらったら、だんだん深いところへそのまま泳いでいく。そのため、恐怖心を確実に取り除きながらシュノーケリングやスキンダイビングを丁寧に教えてもらうことができる。熱海では、港からすぐのところに珊瑚や熱帯魚が見られるので、港での講習を受ける場合でも、十分に美しい光景を楽しむことが可能だ。また、港に沸いている天然温泉で、練習の合間にウェットスーツを着たままつかることができるのも魅力だ。
また、「ベルーガ」では、モノフィンを使ってドルフィンキックで泳ぐ方法を教えている。三宅島や小笠原などで野生のイルカと泳ぐツアーも年に数回開催しており、安全にイルカと泳ぐための講習会を熱海で開催しているので、憧れのドルフィンスイムにも安心してチャレンジできる。
屋上からの眺望が最高!宿泊可能なクラブハウス
「ベルーガ」のショップへは急な坂を登っていかなければならないため、熱海駅からの送迎や自家用車を利用したい(駐車場あり)。ショップの上層階はクラブハウスとなっており、ダイビング参加者の宿泊が可能となっている。特に、2日以上の講習を受ける人や、ダイビングだけでなく熱海観光もしたい人は、ぜひクラブハウスを利用しよう。
晴れた日なら、クラブハウスの屋上から見下ろせる熱海市街地と海の眺めは最高なので、ぜひ屋上に上がってみよう。
クラフトビールとロシア料理「cafe Beluga」で食事を
熱海駅から商店街を通り抜けて徒歩6分のところに、ロシア料理店「cafe Beluga」がある。シェフを務めるのは、戦後にハルビンから引き揚げてきたというドルフィンスクール「ベルーガ」インストラクターの父だ。少年時代をロシア人の多かったハルビンで過ごし、懐かしの味を日本人にも伝えようと、ボルシチやピロシキなどのロシア料理を熱海の地で振舞っている。
店内にはロシアのサモワールやマトリョーシカなどの民芸品が飾られているが、世界中の海で撮影した水中での美しい映像が流れている。いかにもロシア料理店という感じは全くなく、ふらっと入りやすいおしゃれなカフェというかんじだ。ピロシキのテイクアウトもできるので、シェフが海と時を超えて現代の日本に伝える味をぜひ試してみよう。 

read-more
喫茶ベルーガ
place
神奈川県川崎市川崎区浅田3-6-6
phone
0443660828
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら