城・名水・絶景庭園そして温泉!長崎「島原」半日観光コース


2016.12.30

LINEトラベルjp 旅行ガイド

長崎県、島原半島の西海岸エリアにある島原市。ダイナミックな雲仙岳と穏やかな有明海に挟まれた立地で、歴史的な見どころも多い観光都市です。長崎旅行から足を伸ばすのが定番ですが、高速船を使えば福岡県・大牟田市の三池港や熊本市の熊本港からも1時間程度でアクセス可能です。
今回は島原市中心部の半日観光コースをご紹介。島原城・武家屋敷・湧水(ゆうすい)庭園・そして温泉まで、盛りだくさんに楽しめますよ。
旅の起点は「島原城」最上階から島原の全景を確認!
島原観光の起点は、何と言っても島原城。独立式層塔型5重5階建ての、どこかリズミカルな外観が印象的です。寛永元年(1624年)の築城から島原の乱など激動の時代を経て、明治初めに廃城となりました。
現在の天守閣は昭和39年(1964年)に復元されたもの。内部は資料館になっており、キリシタン文化の遺物などを見学できます。
天守閣の最上階は360度の眺望が楽しめる展望台。雄大な雲仙岳から有明海、対岸の熊本県まで見渡せる絶景パノラマビューは必見です。
足もとに目を向けると、そこに広がるのは島原の城下町。地図を片手に、気になる場所の目星を付けて観光プランを立てるのも良いでしょう。
島原城の余韻を楽しむ武家屋敷群
続いては島原城の西側、徒歩5分ほどの距離に建ち並ぶ武家屋敷群。整然と連なる街並みに、保存状態の良い武家屋敷が並んでいます。山本邸・篠塚邸・島田邸の3つの武家屋敷が無料で開放されており、自由に見学できます。
武家屋敷群に連なる街路の中央に走る、昔ながらの石造りの水路にも注目。まっすぐに貫かれた水路には現在も透明度の高い湧水が流れており、生活用水として大切に守られてきた様子がうかがえます。
「島原湧水群」の水路が走る街並みをそぞろ歩き
続いては名水百選にも選ばれた「島原湧水群」。雲仙岳の活発な地殻変動により、自然に湧き出したものと考えられています。
写真はお土産物店の軒下の水路を写したもの。島原市内には60箇所以上もの美しい湧き水があり、街中のそこかしこで見ることができます。
そんな島原湧水群の中でも珍しい「浜の川湧水」は、自噴する井戸。4つの区画に分けられており、野菜や魚の洗い場・すすぎ・食器洗い・洗濯と使い分けが決められています。野菜をさっと洗って自宅に持ち帰るご近所さんの姿なども見られ、今なお生活用水として愛用されていることが分かります。
また、浜の川湧水に隣接して建つのが、ローカルスイーツ「かんざらし」の名店である銀水。立ち寄ってひと休みするのもおすすめですよ。
湧水のしめくくりは「湧水庭園 四明荘」
島原の美しい湧水の極みが、国の登録有形文化財である「湧水庭園 四明荘」。四季折々の表情豊かな日本庭園と、張り出した縁側の足元まで豊かに広がる湧水のコンビネーションは、独特の風情。なんと無料で見学でき、お茶までいただけます。
もともと個人の別邸として明治後期に建てられた四明荘。代替わりを経た現在は島原市の所有に移り、島原を代表する「水屋敷」として公開されています。持ち主と行政、地域までもが手を携えて守ってきた、島原ならではの美しい財産と言えるでしょう。
絶景露天風呂の「ホテル南風楼」にチェックイン!
島原エリアの観光をたっぷり楽しんだ後は、創業100年を超える老舗「ホテル南風楼」にチェックイン。源泉かけ流しの温泉につかって、のんびりと旅の疲れを癒やしましょう。サウナにジェットバス、寝ころび湯などが揃う大浴場で、一番人気は何と言ってもオーシャンビューの露天風呂。
手ぶらで立ち寄れる日帰り入浴も可能ですが、この温泉のハイライトは朝の時間帯にあります。柔らかな日ざしを受ける有明海を眺めながらの朝湯は最高の贅沢。お天気によっては、有明海が美しい茜色に染まる朝焼けが楽しめることも。ぜひ一泊して堪能したい温泉宿です。 

この記事を含むまとめ記事はこちら