大阪市内で天然温泉と焼き立て朝食パン!アパヴィラホテル淀屋橋(アパホテルズ&リゾーツ)


2016.07.08

LINEトラベルjp 旅行ガイド

中央公会堂や日本銀行大阪支店など、近代建築が立ち並ぶ淀屋橋にあるアパヴィラホテル淀屋橋。
大阪市中心部にありながら天然温泉を完備し、朝食バイキングは、水にこだわったホクホクご飯と1階にあるベーカリーカフェから焼き立てパンが直送されるなど食欲が増すメニューがずらり。さらには、淀屋橋駅から徒歩3分という好立地と大阪観光の拠点としたいホテルの魅力を紹介します。
スタイリッシュなフロントロビー
地下鉄御堂筋線13番出口より徒歩5分、大阪市役所から地上を歩いても徒歩5分強とアクセス至便な場所にあるアパヴィラホテル淀屋橋。
地上15階建てのホテルの上部には「APA」のマークがあるので迷わずたどりつくことができます。
スタイリッシュなフロントはこじんまりとして落ち着いた雰囲気。部屋数の多いホテルのため、混雑時はチェックインに時間がかかるかなと思いきや、APAグループのカードを持っている人は奥の自動精算機でスムーズにチェックインでき、そのほかのお客様もスピーディーにチェックインの手続きをしてくれるので待つことはありません。
チェックアウトも電話などを使わない限り、入口においてある「フリーチェックアウトポスト」にカードを入れるだけでチェックアウトができるので、朝のあわただしい時間を短縮することが可能です。
プレミアルームは寝心地抜群!
部屋はスタンダード、プレミアとありますが、断然おススメはプレミアフロア!部屋の広さは同じながらも、快眠にこだわったアパホテルオリジナルベッド「クラウドフィット」で眠ることができます。
このベッドの特徴は、寝返りをうったときに体に凹凸にフィットするサポート力。体をバランスよく支えてくれるため、心地よい眠りにつくことができるんです。雲の上にいるかのようなフワフワの感触をぜひ、自分の体で体験してみてください。
またスタンダードフロアは浴衣ですが、プレミアムフロアはワッフル生地のパジャマを着ることができ、ふわっとした肌触りが快眠を誘ってくれます。
客室にアパホテルの歴史がわかる本!
客室アメニティーは、ボディースポンジ、歯ブラシ、クシなど一通りそろっており、さらにレディースルームを予約するとポーラの基礎化粧品セットやナノイードライヤーも完備されているので、手ぶらで宿泊することが可能です。
他のホテルと違うところは、「煙ふせぐ~ん」という袋が入口にセットされているところ。高層ホテルで万が一火災に遭遇した場合、一番怖いのは「煙」。「煙ふせぐ~ん」をかぶると、酸素を保ち、目をあけたまま非難することができます。
そして、一番の違いはアパホテルの歴史がわかる本が設置されていること。本読むのが苦手という人も漫画で学ぶ成功企業の仕事術なんていう本もあるので、ビジネスで成功したいな~なんていう野望がある人はお風呂上りに軽く読んでみてはいかがですか?
客室にアパホテルの歴史がわかる本!
アパヴィラホテル淀屋橋のウリはなんといっても天然温泉に入れること。地下600mから湧出している天然温泉は、疲労回復、筋肉痛、冷え症などさまざまな効能があり、疲れた体をいやしてくれるはず。
外の景色は見ることができませんが、外の風にあたりながら入れる露天風呂も完備されているので、ゆっくり手足をのばして心地よい夜風にあたってはいかがでしょうか。
女性用の脱衣所には、メイク落とし、化粧品なども設置されているので、お風呂上りにゆっくり涼みながらリラックスすることもできます。
和洋40種類のバイキング
朝食は和洋40種類のバイキング。特におススメは、1階のベーカリーショップ「「Kent East」の焼き立てパンが食べられること。クロワッサンやレーズン食パン、ロールパンなどを食べることができ、さらにオーブントースターも設置しているので、ほんの少し温めると、かなりおいしくいただくことができます。
水と米にこだわった炊き立てご飯、ヘルシーなお惣菜も魅力です。
アクセス・天然温泉・焼き立てパンが魅力のアパヴィラホテル淀屋橋
最寄駅の淀屋橋駅は京阪電車を使うと、京都観光に便利ですし、御堂筋線は大阪ミナミの中心、なんばまでも数分でいくことができます。
さらに観光で疲れた後は天然温泉に入れるというおまけつき。
大阪と京都を満喫したい人におススメのホテルです。 

淀屋橋
place
大阪府大阪市中央区北浜3丁目
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら