こんぴらさんの宿泊はココが人気!香川こんぴら温泉「琴参閣」


2016.06.16

LINEトラベルjp 旅行ガイド

一生に一度は行ってみたい香川のこんぴらさん。いざ、こんぴらさんへ行こう!と決めたら次に悩むのは旅館探し。温泉・食事・コスパ…どれも妥協したくないですよね。旅館選びに迷ったら、金毘羅宮の門前旅館「琴参閣」がおすすめ。「琴参閣」はこんぴらさんまで徒歩5分。多彩な温泉、上品さに溢れた館内、そしてサスペンスドラマのロケ地にも使われるビッグスケール。四国の中で圧倒的な人気を誇る「琴参閣」の魅力をご紹介!
アクセスの良さも「琴参閣」人気の理由
「琴参閣」の魅力の一つはアクセスの良さ。JR琴平駅から歩いて5分、高松琴平電鉄の琴平駅から徒いて3分。JR琴平駅からは十分歩いて行ける距離ですが、電話をすれば無料送迎もしてくれます。
“琴平”といえば、高松をはじめとして四国の主要都市へアクセスしやすい超便利スポット。香川県内だけでなく、高知や松山なども高速を使えば約1時間~1時間半前後で行き来きできるため、アクセスは抜群です。
また高松空港からは車で40~50分くらいの距離。本州からJRで入ってくる電車も、岡山から高知行の特急がすべて琴平駅で泊まるため、全国的にも集まりやすいスポットなのです。
目で楽しませてくれる優雅な館内
「琴参閣」は、瀬戸大橋開通の年(昭和63年)に作られた『讃水の館』と、その10年後、明石大橋開通の時に作られた『飛天の館』という2つの館で構成されています。
フロントがある『飛天の館』(37室)は、優雅な旅をしたいときにピッタリなロケーション。輪島の漆塗りのエレベーターには本物の金粉と銀粉が使われ、高級感がたっぷり。豪華な雰囲気が楽しめます。
一方『讃水の館』(188室)は、1泊1万円以下で宿泊できるビジネスプランをはじめ、お得に上質空間を楽しめます。
そして、『讃水の館』と『飛天の館』を繋いでいる連絡通路“琴参道”には、備前焼や有田焼など豪華な壺がずらり!格調高く、まるで美術館のようにゲストの目を楽しませてくれます。
バラに囲まれて女優気分!ロマンチックなバラ風呂
「琴参閣」最大のお楽しみといえば、種類豊富なお風呂。
『讃水の館』にあるお風呂は、女性に人気のバラ風呂、庭園露天風呂、薬草風呂など、色々な温泉に入りたい人にはもってこい。
本物の生花に囲まれるバラ風呂に浸かれば、まさに女優気分!女性のみなさま、ゴージャスでリッチな入浴をたっぷりお楽しみください。※バラ風呂は女性専用になります。
バラに囲まれて女優気分!ロマンチックなバラ風呂
さて、日が落ちて夕食の時間。「琴参閣」では、海の幸満載の懐石料理が食卓に並びます。一品一品、丁寧に仕上げられたお料理は讃岐の旬がギュッと凝縮されたものばかり。
筆者は『讃水の館』のお料理をいただきましたが、特に鯛釜飯は絶品!着席したまま炊きあげられ、鯛の風味がふわっとご飯に移り、上品で優しい味わい。一人用のサイズだから、自分のペースで最後まで飽きずに食べられます。※プラン等により鯛釜飯がつかない場合もあります。
『飛天の館』宿泊者専用の絶景露天風呂
こちらは『飛天の館』宿泊者専用の展望浴場。
男性浴場からは金倉川や遠くは瀬戸大橋を、女性浴場からは金毘羅さんを一望できます。男女とも露天風呂の場所は最上階!ゆったり温泉に浸かりながら、贅沢なロケーションをお楽しみください。
また『飛天の館』は脱衣所がとても広く、女性側には無料で使えるマ二キュアが用意されているのも嬉しいポイントです。
観光だけでなくビジネスでも使いやすい「琴参閣」
「琴参閣」は、こんぴらさんにお参りするための門前旅館ですが、観光客だけでなく、実はビジネスマンからも人気があります。
その秘密は料金の安さ。『讃水の館』なら繁忙期をずらして早割などを使えば、超お値打ち価格で泊まることができるのです。ビジネスマンでも、“出張だけど、綺麗な温泉旅館に泊まりたい…”が可能に!
一方、特別な日や記念日に宿泊したい方は『飛天の館』へ。部屋や食事、お風呂などが全てワンランク上がります。慌ただしい日常から離れて、心と体をしっかり癒してくれるでしょう。
こんぴらさん参拝はもちろん、四国へ行く予定の方は、温泉とおいしいお料理、心地良いおもてなしが受けられる「琴参閣」を訪れてみませんか?
※なお今回ご紹介した「琴参閣」がついた、お得なパックツアーをMEMOのリンク先でご紹介しています。うどん天国“香川”をリーズナブルに楽しみたい方は絶対オススメですよ! 

read-more
ことひら温泉 琴参閣
rating

4.0

397件の口コミ
place
香川県仲多度郡琴平町685-11
phone
0877751000
opening-hour
[宿泊(チェックイン)]15:00か…
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら