めっちゃ安い!大阪でオモチャ・人形・花火といえば、中央区の「まっちゃまち」へ!


2013.08.05

LINEトラベルjp 旅行ガイド

商売の街・大阪では、昔からたくさんの卸問屋が軒を並べています。なかでも、「まっちゃまち」界隈には、子ども向けのオモチャや人形、花火などの卸問屋が集中しており、デパートやスーパーで買うよりも安く、同じ商品を手に入れることが出来ます。はじめて訪れた人は、必ずやその安さに驚くでしょう。関西で子ども向けの商品といえば、誰もが連想する「まっちゃまち」。お子さんたちへのお土産探しに、ふらりと訪れてみませんか?
家族連れで賑わう休日の「まっちゃまち」界隈
「まっちゃまち」は、大阪を代表する繁華街・心斎橋から、東に徒歩10分ほどのところにあります。その正式名称は、松屋町筋商店街(まつやまちすじしょうてんがい)。最寄りの駅も、正式な町名にもとづき、松屋町駅(大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線)と名付けられています。しかし、気が短く、テンポの良い表現を好む大阪人は、「まつやまちすじしょうてんがい」などという、舌の噛みそうないい方はしません!道を歩く大阪人に行き先を訊ねる際は、必ず「まっちゃまち」といいましょう。
松屋町駅から地上に出ると、市内を南北に走る松屋町筋沿いに、ずらりと卸問屋が並んでいます。陳列される商品は季節によって変わり、年明けから3月までは雛人形、5月の端午の節句までは五月人形やこいのぼり、初夏に入ると、浮き輪などのプール用品や花火が、ずらりと並べられます。商品は専門の業者以外の一般人も買い求めることが出来るため、休日ともなると、それらを求めて、多くの家族連れで賑わいます。子ども会や夏祭りで配る景品を箱詰めにして、大量に購入していく父兄の姿も、たくさん見掛けます。
1500円が975円に!?シャボン玉セットのまとめ買い価格
では、「まっちゃまち」で販売されている商品がどれだけ安いか、実際にご紹介しましょう。写真は、子どもたちが喜ぶシャボン玉セットです。1個の販売価格は30円。それが1袋50セット入っているため、単純に計算すると、1500円となるはずです。ところが、「まっちゃまち」では975円(税込1023円)で売られているんです!さすがは卸問屋ですね。
大量購入でここまで下がるスーパーボール!
こちらはスーパーボールの袋詰めです。商品の種類にもよりますが、大量購入でやはり安くなります。たとえば、上段中央の32ミリカラーボールだと、200個入りで3800円のところが2600円で売ってもらえます。交渉次第では地方発送も可能であるため、イベントなどで景品のまとめ買いの必要に迫られている旅行者も、気軽にお店の人に相談してみましょう。
大量購入でここまで下がるスーパーボール!
卸問屋であるため、商品によっては、「バラ売り禁止」という表記が、値札に貼られていることがあります。しかし、バラ売り禁止の商品ばかりではありませんので、ご心配なく。
写真のように、デパートのオモチャ売り場などで1個100円以上しそうなものが、ここでは50円で販売されています。まとめ買いの必要のない方は、そういった単品をこまめに買い求めてもよいでしょう。
驚異のプライスダウン!夏の風物詩・花火セット
初夏から初秋にかけて陳列される花火の種類もいろいろです。素人には上げるのが無理だろうと思われる大型の打ち上げ花火から、子ども向けの手持ち花火まで、各種、取り揃えられています。写真は袋詰めの花火セット。ここでも値段に注目して下さい。驚異のプライスダウンです!バラ売りの手持ち花火のなかには1本20円といった安価なものもあり、好きな花火を選んで、自分のオリジナル花火セットを作るのも楽しいでしょう。
いかがでしたか?
「まっちゃまち」の驚きの安さを実感していただけたのではないでしょうか。オモチャといっても、以前は夏祭りで売られるような安価なものの販売が中心でしたが、最近はおしゃれな輸入雑貨店も出来ており、大人でも充分に楽しめるスポットに変わりつつあります。雛人形や五月人形も安く、それぞれの季節、それぞれの目的に合わせて訪れることが出来るのも、魅力です。「まっちゃまち」を訪れて、童心に帰ってみませんか? 

read-more
松屋町
place
大阪府大阪市中央区松屋町
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら