優雅なひと時・セントレジスホテル大阪のストロベリーブッフェ


2016.01.14

LINEトラベルjp 旅行ガイド

大阪本町のラグジュアリーホテル・セントレジスホテル大阪。年明けからスタートするハイクオリティなストロベリーブッフェから目が離せません!2ヶ月以上楽しめるこのブッフェ、一度と言わず二度、三度と通いたい内容。苺スイーツを食べて、箸休めに苺フードを食べて、また苺スイーツを食べる。セントレジスの上質の味だからこそ食べ飽きない、苺づくしの季節の味を楽しみましょう。
大阪本町のラグジュアリーホテル
スターウッドホテル&リゾートのトップ・ラグジュアリーブランド“セントレジス”。ここ大阪本町にあるセントレジスホテル大阪は『ミシュランガイド京都・大阪 2016』のホテル部門で5パビリオンマークを5年連続受賞。さらに「特に快適」を示す5レッドパビリオンマークを大阪で初めて獲得。これは大阪のホテル部門における最高の評価と言っても過言ではありません。
一歩足を踏み入れれば見事な調度品と洗練された内装。優雅な気分に浸れる最高の空間を楽しむことができるセントレジスホテル大阪。
今回は宿泊者以外でも楽しめる、季節限定のスペシャルなイベントをご紹介します。
その数40種類以上!豪華なストロベリーブッフェ
セントレジスホテル大阪のストロベリーブッフェが開催されるのは、ホテル1階のフレンチビストロ「ル ドール」。ペストリーシェフ・伊藤慎二氏が渾身の腕を振るう苺を主役としたスイーツと、料理長・ヴァンソン・ガドー氏による苺料理、という豪華な内容。
40種類以上の苺メニューを、たっぷり2時間かけて楽しむ季節限定のイベント。セントレジスホテル大阪の高級感あふれるビストロで、選りすぐりの苺が主役のスイーツをいただく。まさに新春に相応しいスペシャルなひと時が楽しめます。
全てが主役級!
ストロベリーブッフェの会場には、大きなブッフェ台と、そこには乗りきらなかった数多くの苺スイーツがズラリ。
40種類以上あるスイーツ・フード、全てをご紹介することはできませんが、ケーキ系は苺ショートケーキ、苺チーズケーキ、苺ティラミス、苺タルトなど。ちょっと重くなってきたら、軽めの苺ムースや苺パンナコッタに手を出しつつ、フレッシュ苺でさっぱりとお口の中をリセットしてみたりと、とにかく苺づくし。フードメニューも苺パスタや苺ナンピザなど、他ではちょっと味わえないような苺メニューも。
ひとつひとつがまるで宝石のように美しく、お皿に盛り付けることに楽しみを覚えるほど。
もちろんドリンクもコーヒーやロンネフェルト社の紅茶など、おかわり自由。
一年分の苺をたった一日で食べつくしてしまうくらい、どのスイーツも飽きることなくいただけてしまうところは、流石セントレジスと感じずにはいられないクオリティです。
全てが主役級!
ダイエットは明日から♪
カロリーが気になる女子にとって、ブッフェは禁断の果実ですが、ダイエットは明日から♪
セントレジスホテル大阪のスイーツは、たっぷりの苺と上質な材料を使用していますので苺そのもの以外の甘さは控えめ。あくまでも苺が主役。この日ばかりは自分を許して、セントレジスホテル大阪のストロベリーブッフェで春の訪れを楽しみましょう!
※2016年のストロベリーブッフェは1月9日から3月31日まで 

セントレジスホテル 大阪
place
大阪府大阪市中央区本町3-6-12
phone
0662583333

この記事を含むまとめ記事はこちら