富士山と河口湖と紅葉がコラボ!「もみじトンネル」と「もみじ回廊」


2015.10.09

LINEトラベルjp 旅行ガイド

河口湖北岸(山梨県富士河口湖町)は、昇仙峡とともに山梨県を代表する紅葉名所です。単独でも絶景の富士山に、紅葉の彩りが加わり圧倒的な美しさ。そこに河口湖もコラボレーションするのですから、日本屈指の紅葉の絶景と言えます。
河口湖北岸では、富士山と河口湖と紅葉の三者がコラボする「もみじトンネル」と、富士山と紅葉のコラボにライトアップが加わる「もみじ回廊」が、特におすすめ。その絶景を紹介します!
河口湖北岸「もみじトンネル」は、富士山と河口湖と紅葉が絶景!
「もみじトンネル」は、富士山と河口湖と紅葉がコラボする紅葉スポットです。三者がコラボした写真は大抵ここで撮影されているという、日本でも屈指の紅葉名所で、まさに日本の秋景色と言わんばかりの光景。写真撮影目的なら、断然「もみじトンネル」がおすすめです!
「もみじトンネル」という名称から、道路にもみじがトンネルのように密集していると思ったら大間違い。実際に行くと単なる並木道で、拍子抜けするかもしれません。しかし、富士山と河口湖の方を見れば、その絶景に納得。まるで富士山と河口湖が、もみじのトンネルに入ったように、紅葉に包まれています!
河口湖北岸「もみじトンネル」は、「引いた絵」でも絶景!
「もみじトンネル」は最初の写真のように、富士山と河口湖と紅葉のコラボを望遠レンズで切り取るように撮影するのが一般的ですが、広角レンズで「引いた絵」にしても絶景です。富士山と河口湖を覆い尽くすように、見事に紅葉のトンネルが形成されています!
非常に人気が高い紅葉スポットなので、「引いた絵」を無人状態で撮影するのは難しいのですが、ここでしか撮影出来ない写真なので、人が切れるのを辛抱強く待って、撮影しておきたい光景です。
「もみじ回廊」と富士山がコラボ!紅葉ライトアップは開始直後が見所
河口湖北岸で一番有名な紅葉スポットが、「もみじ回廊」。毎年「富士河口湖紅葉まつり」が開催されています。2015年は10月31日から11月23日まで。期間中は無料大駐車場が設置され、紅葉ライトアップも毎晩22時まで実施。入場料も無く、気軽に立ち寄れます。
大木の紅葉が密集した並木道は非常に見応えがあり、まさに回廊と呼ぶに相応しい景観です。夜間の紅葉ライトアップは一層美しく、見所が富士山とのコラボ。夜暗くなると富士山は見えないので、ライトアップ開始直後だけの貴重な光景です。写真では昼間に見えますが、富士山が夜の闇に包まれつつあり、青く写っています。「もみじ回廊」の中では富士山は見えないので、回廊の外側でライトアップ開始を待つ必要があります。写真をクリックすると、撮影場所の地図が表示されます。
河口湖北岸は標高830mの高原にあり、夜間は非常に冷え込むので、十分な防寒着とポケットカイロが必要。富士河口湖温泉の日帰り入浴施設「野天風呂 天水」は夜21時まで受付(金曜定休)なので、体が冷え切ってしまったら利用しましょう。ホームページに、平日100円引きのweb割引券があります。
「もみじ回廊」と富士山がコラボ!紅葉ライトアップは開始直後が見所
河口湖北岸と併せて行きたい!昇仙峡や箱根の紅葉
河口湖北岸の紅葉見頃は11月上旬から中旬ですが、「もみじ回廊」の色付きはやや遅めで、最盛期は11月中旬です。河口湖北岸の紅葉を堪能したら、山梨県を代表する、もう一つの紅葉名所「昇仙峡」にも行きましょう。紅葉の時期も重なるので、断然おすすめです。
昇仙峡の紅葉は既に見たという方には、箱根の紅葉もおすすめ。別記事「【たびねす】並ばずに入れる!箱根美術館の紅葉は、強羅公園共通券が断然便利」(記事最後の「MEMO欄」にリンクあり)で詳細に紹介しましたので、是非ご覧ください。
山梨県内で紅葉と温泉が楽しめる所では、十石上湯温泉がおすすめ。別記事「【たびねす】大柳川渓谷の紅葉を一望!山梨・十石上湯温泉『源氏の湯』」で紹介しましたので、併せてご覧ください。 

read-more
富士河口湖温泉郷
place
山梨県南都留郡富士河口湖町河口水口2217-1
phone
0555768826
no image
富士河口湖もみじ回廊
place
山梨県南都留郡富士河口湖町河口
phone
0555723168
御岳 昇仙峡
place
山梨県甲府市
phone
0552872158

この記事を含むまとめ記事はこちら