富士山麓の広大な原生林・青木ヶ原樹海(山梨)で森林浴と紅葉を楽しもう!


2015.10.03

LINEトラベルjp 旅行ガイド

富士山麓に広がる青木ヶ原樹海(山梨)というと、ネガティブなイメージをお持ちの方も多いのでは!? ですが、溶岩流上に形成された広大な原生林は、苔やシダ、木々が鬱蒼と生い茂る、独特の豊かで美しい森。樹海内には、しっかりした遊歩道が整備され、気軽に富士山ならではの大自然が感じられる場所です!
その美しい青木ヶ原樹海が色付く秋の紅葉シーズン、森林浴と紅葉を満喫しませんか?
富士山北西麓の広大な原生林・青木ヶ原樹海
青木ヶ原樹海は、富士山北西側の山梨県富士河口湖町・鳴沢村にまたがる広大な原生林です。富士箱根伊豆国立公園に属し、天然記念物にも指定されています。
富士山の貞観大噴火(864)による青木ヶ原溶岩流上に形成され、標高約1000m付近に広がる比較的若い森です。その広さは30平方kmにもおよび、山手線内面積の約半分に匹敵するというから驚きですよね!高台から眺めると、密生した木々が海のように見えることがその名の由来とされています。
樹海内には、遊歩道や道標がしっかり整備されており、森林浴やトレッキングには最適ですよ!
青木ヶ原樹海の魅力と紅葉シーズン
青木ヶ原樹海の魅力は、独特の溶岩地形に加え、苔やシダ、木々が生い茂る、富士山ならではの大自然が気軽に感じられる点です。
大地は溶岩石に覆われ、根も張れない環境で生きる木々の生命力や、優しい苔の緑が素晴らしい! 荒々しさと優しさをあわせもつ、青木ヶ原樹海の魅力が感じられるはずです。
遊歩道はほぼ平坦、所々にベンチ等も設置されているので、幅広い年代の方が楽しめます。但し、木の根や溶岩がゴツゴツした場所もあるので、歩きやすい靴でお出掛け下さい。
なお、紅葉シーズン(目安)は10月下旬から11月上旬。
針葉樹と広葉樹からなる混交林ならではの豊かな色彩を楽しんではいかがでしょう?
樹海散策お勧めのコースは?
参考までに、今回は「西湖野鳥の森公園」を起点とするコースをご紹介します。
気軽に楽しみたい方から、たっぷり楽しみたい方まで、スケジュールや体力等に応じて、樹海の自然を楽しんではいかがでしょうか?
1.ちょっと見てみたい派:西湖野鳥の森公園~英(はなぶさ)氷穴(往復約30分)
青木ヶ原樹海に面し、バードウォッチングや富士山の好展望地として有名な西湖野鳥の森公園をスタートし、昔は冷蔵庫代わりにも使われたという英(氷穴)までの往復。
2.そこそこ楽しみたい派:西湖野鳥の森公園~英~竜宮洞穴(往復約80分)
「1」に加え、龍神がすむという伝説や、かつては富士道者の霊場として知られるパワースポット・竜宮洞穴(剗の海(せのうみ)神社)まで。
3.たっぷり楽しみたい派:西湖野鳥の森公園~英~竜宮洞穴~紅葉台・三湖台~西湖民宿村~西湖コウモリ穴~西湖野鳥の森公園(約180分)
「2」に加え、富士山と樹海の展望が素晴らしい「紅葉台」、「三湖台」へのハイキングと、探検気分も味わえる溶岩洞穴「西湖コウモリ穴」を周回するコース。こちらへはハイキング装備でお出掛け下さい。
これらは一例として挙げましたが、その他周辺の名所や周遊バスを組み合わせて訪れても良いでしょう。
初めてで不安、あるいは、青木ヶ原樹海について、より詳しく知りたいのでしたら、「西湖コウモリ穴」からのガイドツアーもお勧めです!
※所要時間(休憩等の時間は含まず)は目安であり、個人差があります
※画像は「西湖野鳥の森公園」
樹海散策お勧めのコースは?
遊歩道が整備されていることで、気軽にその大自然が感じられる青木ヶ原樹海。ですが、遊歩道を歩く上で、最低限注意しなければならない点もあります。
まず、遊歩道を逸れて歩かないこと。また、苔を踏まないようご注意下さい。
樹海では苔が重要な役割を持っており、木々の生育に必要な水分を、保水力の高い苔が供給しているのだそうです。
自然環境や安全性の点から、ほんのちょっとしたことを意識して、貴重な樹海の自然を楽しみましょう!
最後に
今回は、紅葉シーズンの青木ヶ原樹海をご紹介しましたが、四季を通して楽しめる場所です。
是非、樹海ならではの大自然を満喫してはいかがでしょうか?
■西湖野鳥の森公園:無料駐車場有り(河口湖駅~バス:約43分)
■西湖コウモリ穴:無料駐車場有り(河口湖駅~バス:約34分) 

西湖コウモリ穴
place
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068
phone
0555823111
no image
青木ケ原樹海
place
山梨県南都留郡富士河口湖町
西湖野鳥の森公園
place
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068
phone
0555822160
opening-hour
9:00-17:00

この記事を含むまとめ記事はこちら