夏も冬も見どころ満載!「シーサイドももち」で福岡の海をエンジョイ!


2015.10.01

LINEトラベルjp 旅行ガイド

地下鉄ではすぐに都心へ、車を走らせればすぐに山や川へ…都心部と自然の近さが魅力と言われている福岡。そんな福岡でもひときわ中心部から近く、賑わいを見せるのがここ「シーサイドももち」。今回はそのビーチの楽しみ方を夏と冬に分けてそれぞれご紹介。
こんなに近い!シーサイドももちへの行き方
地下鉄空港線唐人町駅から徒歩約10分のところに位置する「シーサイドももち」。
唐人町駅へは天神駅から地下鉄で約5分、博多駅から約10分で到着です。
また、唐人町駅のひとつ先にある西新駅からも行くことができます。西新駅からだと、かの有名な「サザエさん通り」を通って行くことも。道端で見かける銅像などもチェックしてくださいね。
さて、都市部からこんなに近い場所にビーチが広がっているので、「シーサイドももち」は観光や旅行に来た際にでも気軽に足を運べる魅力の場所となっています。
また、後ろには「ヤフオクドーム」が控えています!野球観戦やイベントの帰りなどにサクッと立ち寄るのもいいですね。ほかにも、名所・福岡タワーなど、数々の観光地に囲まれた、隠れスポットになっています。
夏の楽しみは、やはり海水浴!
「シーサイドももち」の魅力は、全面がビーチとして整備されているところ。
夏になるとカップルやファミリーで海水浴を楽しむ姿が多く見られます。夏場になると警備員がしっかり巡回しているので、小さい子ども連れでも安心です。
もちろん、海の家も完備!海水浴の合間に、ビールを飲んだり、屋外でBBQを楽しむこともできちゃいます。
シャワーや足洗い場、更衣室が無料で利用できるのも人気の秘密。一日中楽しめるので、夏に安く&近く自然を満喫したい人にはおすすめのスポットになります。
冬の楽しみは、牡蠣焼き!
夏の海水浴や海辺でのBBQも良いですが、冬になると登場する牡蠣小屋も楽しみたいもののひとつ!
各地から直送された牡蠣を炭焼きで食べることができます。
「福岡に来たら、一度は牡蠣小屋に行ってみたい…」と考える観光客も多いはず。
こんなに近く、手軽に新鮮な牡蠣が食べられるのは、福岡市内では稀!夏はもちろん、冬でもここまで楽しめるビーチってなかなかないですね。
冬の楽しみは、牡蠣焼き!
昼間の景色とは裏腹に、たちまちロマンチックな雰囲気になるので、デートスポットとしてもおすすめです。昼間、海の家としてワイワイ賑やかにやっていたお店も、夜になるとおしゃれなバーのようになるので、そこでの食事も雰囲気抜群!
煌めく夜景を見ながら、大切な人とゆったり過ごすのも旅の大事な思い出のひとつになりそうです。
まとめに
近隣の人たちからはマラソンコースやお散歩コースなど、普段使いされている「シーサイドももち」。しかし、夏になると海水浴やBBQ、冬になると牡蠣小屋が楽しめるなど、観光スポットとしても魅力がたっぷり!
いつ来ても楽しめる、そして気軽に足を運べる場所にある「シーサイドももち」を、福岡に来た際はぜひ一度チェックしてみてくださいね。
 

福岡PayPayドーム(福岡ドーム)
place
福岡県福岡市中央区地行浜2-2-2
phone
0928441189
opening-hour
店舗により異なる
シーサイドももち海浜公園
place
福岡県福岡市早良区百道浜2・4地先
phone
0928228141

この記事を含むまとめ記事はこちら