渋谷の人気バーでしか味わえない絶品「オイルサーディン丼」を食べてきた


2020.06.29

食楽web

食楽web 緊急事態宣言も徐々に解除されてきて、そろそろ外食もしたいけど、まだ仲間とワイワイする気分にもなれないとき、美味しい〆のご飯を出すバーはひとり飯、ひとり飲みに最適な場所です。カウンターに横並びに座っているので非対面で、大声を出して騒いだりせず、飲み食いしている間は口数少なく食事とお酒に集中する。これって、例の新しい生活様式のお手本なのではないかとすら思えてきます。 いずれにしても、一日の終わりにふらりとバーに寄り、お酒だけのつもりが何の気なしに頼んだ料理が驚くほど美味しかった! という経験を持つ方も多いのではないでしょうか? バーのつまみ飯って、何であんなに美味しいのでしょう。とにかくお酒に合います。オーナーバーテンダーの吉川厚史さん。「BAR LEGACY」は今年の12月で5周年だそう そこで今回は、BARめぐりをライフワークとする筆者が渋谷で「バー飯」が旨すぎると噂の『BAR LEGACY』を訪れ、イチオシの「国産オイルサーディン丼」をいただいて来ました。オーナーバーテンダーの吉川厚史さんはカクテルだけでなく、料理へのこだわりも半端なく、出すもの出すもの美味しい! と評判です。「カクテル作りと料理作りは、味の調和を考えながら材料を組み合わせていく点で似たところがあるんです。どちらも素材の持つ味同士を調整するセンスが問われるので、バーテンダーで料理上手な人は多いと思いますよ」と吉川さん。お酒の味わいを知り尽くしたプロが作るカクテルと料理を堪能できるのも、バーならではの魅力のひとつですね。最後の一粒まで旨い!「オイルサーディン丼」「国産オイルサーディン丼」1300円(全て税・サービス別) 森瑤子さんの小説『デザートはあなた』に出てくる「オイルサーディン丼」をアレンジしたというこちらは、国産のオイルサーディンを油揚げ、ネギ、お醤油でちょっと煮詰めて、牡蠣醤油で炊いた熱々のご飯にのせ、仕上げに和歌山の山椒をかけたもの。丼ぶりにオイルサーディンが4本も! お酒の〆にぴったりな“小丼ぶり”ながら、オイルサーディンが4本ものっています。まず一口味わってみると、意外にもさっぱり! なぜなら余分な油を抜いているからだそうで、魚の旨みがよく伝わってきます。サーディンをつまみに思わずもう一杯、オーダーしてしまいそう。 オイルサーディンの旨みもさることながら、牡蠣醤油の味が染みたご飯がとにかく合う! ご飯、油揚げやネギ、オイルサーディンを合わせて食べるとまた奥深い味わい。どの味わいも引き立っていて、オイルサーディンを油抜きした理由がよくわかります。そしてまた、小丼ぶりの量が丁度よく、「美味しかった~、また食べたい」という思いが残るんです。さすが!カクテルのペアリングが「バー飯」最大の魅力バーボンベースの「カリフォルニアレモネード」1500円 バー飯を最初にご紹介しましたが、もちろんカクテルもいただきました。吉川さんが「国産オイルサーディン丼」に合わせて出してくれたのが、バーボンベースのカクテル「カリフォルニアレモネード」。柑橘類の酸味と後味に香るバーボンの樽香が口の中を爽やかにしてくれ、サーディン丼とカクテルの無限ループが楽しめました。季節のフルーツを使ったカクテルが人気!黒板にあるフルーツでカクテルをオーダー『Bar Legacy』では季節のフルーツを使ったカクテルも人気を呼んでいます。カウンターの上にある黒板にオーダーできるフルーツが書いてあるので、好きなフルーツを選んで「吉川さん、メロンで後味すっきりなカクテルくださ~い」といった具合に頼みましょう。吉川さんが絶品のカクテルに昇華してくれますよ。「パッションフルーツのジントニック」1500円 今回は暑くなってきた今の季節にイチオシの「パッションフルーツのジントニック」もオーダー。フレッシュなパッションフルーツとみかんジュースが合わさり、程よい甘みと夏らしい爽やかな味わいが楽しめました。 初回の「バー飯」、いかがだったでしょうか? 隠れ家のようなお気に入りのバーを見つけて、新たな「バー飯」を発見する喜び。ふらりと立ち寄って、味わってみてください。●SHOP INFOBAR LEGACY住:東京都渋谷区渋谷3-22-11 サンクスプライムビルB1-BTEL:03-6427-2122営:火~土曜18:00~26:00、日曜18:00~24:00休:月曜、祝祭日※暫くの間は営業時間、休業日などが変更になる場合があります。詳細はホームページをご確認下さい。https://bar-legacy.com/(取材・文◎Tomoko)●著者プロフィールTomokoソムリエ/フードコーディネーター大手酒類メーカーに20年以上勤務。外食大好き、お酒も大好き。“勉強”と称し、訪れたお店の数は2500軒以上にわたる。「酒感(さけかん)」(お酒を飲む雰囲気が滲み出ている)のある店を好み、ファサード(店構え)を見れば良店かどうか見分けられる驚異の嗅覚を持つ。「酒感(さけかん)」の真骨頂は「BAR」ということで、都内「BAR」もかなりの数を巡っている。 

read-more
バーレガシー
place
東京都渋谷区渋谷3-22-11 サンクスプライムビルB1F
phone
0364272122
opening-hour
火-土 バー:18:00-翌2:00(L.O.…

この記事を含むまとめ記事はこちら