神奈川県に初進出!二子玉川で大人気の高級食パン専門店「あずき」がそごう横浜店をオープン


2019.11.28

OZmall

◆神奈川県に初進出!二子玉川で大人気の高級食パン専門店「あずき」がそごう横浜店をオープン
二子玉川では1日700本以上も販売する日があるという人気の高級食パン専門店「あずき」。2019年11月1日(金)に第2号店となる『そごう横浜店』がオープンした。開発に2年半もかかったというこだわりの食パンは、噛むほどに広がるやさしい小豆の甘みと、もっちり食感が最大の特徴。小豆と食パンの相性を追求し、乳酸菌の力も借りて柔らかさやコクを実現している。
【AZUKI食パン】ほんのりと小豆本来の甘みが広がるこだわりのAZUKI食パン
「AZUKI食パン」は、小豆との相性を考えて最も適した配合で独自ブレンドした小麦粉に、北海道産の小豆を粒のまま練りこんでいるから、ほんのりとした小豆本来の甘みが程よく口の中に広がる。
生地には、乳酸菌でお腹の働きを整えて食パンの柔らかさを演出する「ヨーグルト」や、上品なコクともっちり感を出す「マスカルポーネ」を加えるなど、素材にもとことんこだわっている。
焼きあげる前日、大量の熱湯を加えて練り上げた小麦粉を一晩じっくり寝かせて、小麦粉本来の甘さを引き出すのも職人技。手間ひまかけたおいしさは、噛めば噛むほど実感できるはず。
AZUKI食パン
価格/ 1.5斤1251円
【SHIRO食パン】プレーンなSHIRO食パンも買ったその日はそのまま生で
プレーンな食パンの好きな人には「SHIRO食パン」がおすすめ。こちらも、生地にマスカルポーネ・ヨーグルト、バターをふんだんに配合しているので、生でそのまま食べてもおいしい。
「あずき」の食パンはどれも、買った当日はそのまま生で食べてみるのがおすすめ。焼きたてならではの風味や食感、柔らかさなどが十分に味わえる。
2日目はバターを乗せて軽くトーストすれば、パリッとした表面の香ばしさと、中のもっちりした食感を堪能できる。3日目以降は、空気が入らないように1枚ずつラップに包んで冷凍保存を。食べたいときに冷凍状態のままトーストして楽しんで。
SHIRO食パン
価格/1.5斤901円
【MATCHA食パン】MATCHA食パンは抹茶の香りと苦みに小豆の甘さが相性抜群
日本人のための新しい食パンづくりをめざす「あずき」では、小豆以外にも日本人になじみの深い食材を使ったアイテムが。
「MATCHA食パン」は、宇治の抹茶をAZUKIの生地に練りこんだだけでなく、さらにバランスを考えて小豆も多めに配合しているとか。抹茶の香りと上品な苦みのなかで、小豆の甘味が口の中に広がり、抹茶好きにはたまらない逸品となっている。
11月9日(土)に新発売となった「KURI食パン」(1.5斤、1551円、1日限定30本)は、栗の粒を砕いて散りばめ、マロンカスタードを練りこんだ食パン。このほかにも、新開発の商品が待ち遠しくなりそう。
MATCHA食パン
価格/1.5斤1551円
【関連記事】
・渋谷スクランブルスクエア話題のパン屋4選
・NEWoMan新宿で新潟・庄内のフードフェス
・展望台&日本初パティスリー!渋谷の新施設
・マカロンをプレゼント!大丸東京のワイン祭
・高島屋が開発!絶品ギルトフリースイーツ
 

高級食パン専門店あずき そごう横浜店
place
神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店地下2F
opening-hour
10:00-20:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら