可憐に咲き誇る200万本のコスモスにうっとり。動物とのふれあいや味覚狩りも楽しめる、秋のマザー牧場


2019.09.04

OZmall

◆可憐に咲き誇る200万本のコスモスにうっとり。動物とのふれあいや味覚狩りも楽しめる、秋のマザー牧場
澄み渡る秋の青空とのコントラストも美しい、秋の花の代表でもあるコスモス。そんなコスモスが咲き誇る、フォトジェニックなコスモス畑を厳選してご紹介。関東最大級の観光牧場である千葉県の「マザー牧場」では、広大な斜面に濃淡のあるピンクのコスモスが200万本咲き誇る。可憐なコスモスだけではなく、ウシ、ウマ、ヒツジ、アルパカなどかわいらしい動物たちと会えるのも嬉しい。
200万本のコスモスが斜面をピンク色に染める
房総半島の山々や東京湾、富士山などの雄大な景色が見渡せる鹿野山にあるマザー牧場。関東最大級である250万平方メートルの敷地をもつ観光牧場で、ウシ、ウマ、ヒツジ、ブタ、ウサギ、アヒル、アルパカなどの動物たちとのふれあいを楽しめるのはもちろん、フレッシュチーズやバターの手作り体験、秋にはサツマイモ掘りやキウイ狩りができる。
また、広大な敷地には季節ごとにさまざまな花が植えられ、ロマンチックな風景が広がる。10月上旬から下旬にかけては、1万平方メートルもの広大な「花の大斜面・西」に植えられた200万本のコスモスを鑑賞でき、秋の散歩にぴったり。濃淡のあるピンクのコスモスが風になびく風景は圧巻。コスモスの間には小道があるから、ピンク色の絨毯のなかをのんびり歩いてみて。
エサやり体験や飼育員体験ができるイベントも限定開催「秋フェス 2019」
9月7日(土)~11月24日(日)には、「秋フェス 2019」を開催。牧場内のいろいろな場所で動物たちへエサやり体験できる「もぐもぐフェスタ」や、お仕事体験ができる「なりきりこども飼育員」など、さまざまなイベントが開催される。
「もぐもぐフェスタ」は「秋フェス 2019」の期間中、毎日開催。場内の「ふれあい牧場」ではヤギやひつじ、カピバラ、マーラなどに、「うまの牧場」では馬に野菜スティックをあげることができる。また、土日祝日限定で、「牧羊犬とまきばの仲間たち」のショーを行うバックヤードを見学できる「アグロドームもぐもぐツアー」を開催。ショーを行う動物たちにエサやりができる貴重なツアーだから、動物好きはぜひチェックを。
ほかにも、旬のサツマイモやキウイフルーツの味覚狩りなど、家族はもちろん、友達やカップルで楽しめるイベントも盛りだくさん。美しい花と動物たちに癒されに出かけてみては。
【関連記事】
・バラ園の老舗・京成バラ園で楽しむ秋バラ
・洋館×バラがフォトジェニック!旧古河庭園
・異国情緒溢れるヴェルニー公園1400株のバラ
・ご褒美に!ハーゲンダッツのホテルブッフェ
・宇宙カフェも併設!大人のプラネタリウム
 

マザー牧場
rating

4.0

441件の口コミ
place
千葉県富津市田倉940-3
phone
0439373211
opening-hour
[2-11月(平日)]9:30-16:30[2-1…

この記事を含むまとめ記事はこちら