甘くてエキゾティックな夜を満喫!横浜ベイクォーターで楽しむ「夜パフェ」と「ランタンナイト」


2019.07.18

OZmall

◆甘くてエキゾティックな夜を満喫!横浜ベイクォーターで楽しむ「夜パフェ」と「ランタンナイト」
横浜駅東口のショッピングモール「横浜ベイクォーター」では、2019年7月20日(土)から9月8日(日)まで、夜を楽しむ期間限定イベントを開催する。ひとつは、館内のカフェ・レストランから10店舗が参加して、大人が味わいたくなる夜のスイーツが揃う「夜パフェ」。また、屋上庭園では色とりどりのランタンが輝く異国情緒たっぷりの「ランタンナイト」も。夏の夜は、横浜で大人の時間をゆっくり満喫しよう。
左/バターミルク チャネル(3F)「ダグ特製ピーカンパイサンデー」842円 右/ル バーラ ヴァン サンカンドゥ アザブ トウキョウ(3F)「フレッシュマンゴーとマンゴープリンの〆パフェ」950円
NY発パイをアレンジしたスイーツにブランデー香るパフェ
飲んだ後や食事の後の締めとしてパフェを食べるという、札幌発祥の「〆パフェ文化」を知っていた? そんな最近注目のスイーツトレンドから生まれた「夜パフェ」には、10種類のパフェやスイーツが登場する。
2019年の4月にオープンしたばかりのNY・ブルックリン発のビストロ「バターミルク チャネル」(3F)は、崩したピーカンパイをアイスに乗せた「ダグ特製ピーカンパイサンデー」を提供。
「成城石井」がプロデュースするワインバー「ル バーラ ヴァン サンカンドゥ アザブ トウキョウ」(3F)には、仕上げの香り付けに高級ブランデー「ヘネシーVSOP」を使った「フレッシュマンゴーとマンゴープリンの〆パフェ」がお目見え。成城石井の自慢のマンゴーもリッチな味わい。
左/リンツ ショコラ カフェ(3F)「リンツ トロピカル ショコラパフェ」980円、提供期間:8/1(木)~9/1(日) 右/フレンチーナ(5F)「ロールケーキのジャーパフェ」648円
ショコラと果実のリッチな味によくばり仕様のジャーパフェ
スイスのプレミアムチョコレートブランド・リンツの「リンツ ショコラ カフェ」(3F)は、8月1日(木)から9月1日(日)限定で「リンツ トロピカル ショコラパフェ」を提供。フルーツを贅沢にブレンドした果実味たっぷりのソフトクリームに、自慢のショコラを合わせた1品。
フレンチダイニング・カフェ「フレンチーナ」(5F)の「ロールケーキのジャーパフェ」は、シャリシャリに凍らせたフローズンフルーツやロールケーキをジャーの中にギュッと詰め込んだよくばり仕様。いろんな味わいを、お酒と一緒に楽しむのもよさそう。
左/アロハテーブル(4F)「コナコーヒー ローストナッツパフェ」918円 右/エトナマーレ(4F)「ラ・セーラ」864円
コーヒーのほろ苦さもフルーティーな「夜」のデザートも
カジュアル・ハワイアン・ダイニング「アロハ テーブル」(4F)には、ハワイアン・コナのほろ苦い風味がクセになりそうな「コナコーヒー ローストナッツパフェ」が登場。カリカリにローストしたナッツがアクセントのパフェは、コーヒーの香りを感じながら味わって。
地元・横浜で人気のイタリアンシェフが監修する南イタリア・シチリア料理の「エトナマーレ」(4F)は、「夜」を意味するイタリアンデザート「ラ・セーラ」で雰囲気を盛り上げる。マンダリンオレンジと桃の2種類のひんやり冷たいグラニテ(氷菓)は、フルーティーで美しい。
左/ビストロ リュバン(4F)「フローズンマンゴー ヨーグリーナ」918円 右/タブレス クック アンド リビングハウス(4F)「シャインマスカットと巨峰のパフェ」1680円
トロピカル気分の夜やほろ酔いムードの夜にもぴったり
「ビストロ リュバン」(4F)の「フローズンマンゴー ヨーグリーナ」は、酸味と甘みがコラボした、まさに飲むスイーツ。マンゴーのゴロゴロした果肉がたっぷり入っているうえに、グラスを飾る南国の花・デンファレや小さなパラソルの演出でトロピカルな気分になれそう。
オールデイカフェ「タブレス クック アンド リビングハウス」(4F)でいただける「シャインマスカットと巨峰のパフェ」は、大人のごほうびパフェとでも言いたくなるようなみずみずしい旬のフルーツが満載。中にはシャンパンのジュレが入っているので、ほろ酔いムードも味わえる。
左/アースカフェ(3F)「ほうじ茶ボバッフル」1580円 右/ニコアンドキッチン(3F)「チョコミントスムージー」626円
タピオカ入りの異色スイーツや“チョコミン党”注目の味
行列のできるカフェとして有名なロサンゼルス発の「アースカフェ」(3F)では、モチモチのタピオカがたっぷり入った「ほうじ茶ボバッフル」がいただける。香ばしいほうじ茶とソフトクリームのなめらかな甘さが、思った以上にベストマッチで、新しい世界が広がるかも。
洋食レストラン・カフェの「ニコアンドキッチン」(3F)が提供する、チョコミント味のアイスにザクザク食感のココアビスケットを合わせた「チョコミントスムージー」は、新感覚のフローズンデザートとしてチョコミン党にも支持されるはず。
どの店舗もラストオーダーが22時、閉店は23時(リンツ ショコラ カフェは平日のみ21時閉店)だから、ちょっと話し足りないときの2軒目としてもおすすめ。横浜駅まで最短で徒歩3分というロケーションだけに、終電までゆっくりできるのもうれしい。
「ランタンナイト」
真夏の夜のイルミ「ランタンナイト」で異国情緒を堪能
同期間に屋上庭園「ベイガーデン」では、異国情緒あふれる「ランタンナイト」を17時から22時まで開催する。イメージしたのは、近年海外旅行先として人気を集めているベトナムの古都・ホイアンの「ランタン祭り」。
左右・天井・背後にまでランタンをぐるりと敷き詰めた「ランタンウォール」の前で写真を撮ったり、館内でテイクアウトしたドリンクやフードを片手に楽しんだり。幻想的な灯りの中で、ゆったりと真夏のイルミネーションを堪能できる。
また、8月2日(金)から4日(日)までは、世界のヴィンテージアクセサリーや小物などが並ぶ「ヴィンテージ蚤の市」が行われ、8月10日(土)から12日(月・祝)まではベトナム雑貨が揃う「ナイトマーケット」やベトナムの民族衣装「アオザイ」のレンタル、人力車「シクロ」のライド体験なども実施。「夜パフェ」とともに、横浜でエキゾティックな夏の夜を楽しんで。
【関連記事】
・横浜で日本最大級のハンドメイドマルシェ
・池袋パルコ×森永抹茶アイスのコラボカフェ
・江戸の涼を感じる「ECO EDO 日本橋」開催
・展覧会&カフェ巡り。丸の内でアートな1日
・ご褒美に!ハーゲンダッツのホテルブッフェ
 

read-more
横浜ベイクォーター
place
神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10
phone
0455778123
opening-hour
[ショップ]11:00-20:00[レスト…

この記事を含むまとめ記事はこちら