倉庫をリノベーションした、ハイセンスな蔵前のフラワーカフェ。季節のタルトを味わいながら、感性磨かれるティータイムを


2019.05.28

OZmall

◆倉庫をリノベーションした、ハイセンスな蔵前のフラワーカフェ。季節のタルトを味わいながら、感性磨かれるティータイムを
倉庫をリノベーションした店内が魅力のカフェ空間には、花器の販売もあるフラワーショップも。神秘的なきらめきの鉱物があるかと思えば、生命力あふれる花々も息づいている個性的なスペースに、ハマる人が続出。雑貨やインテリア好きな友人、友達のように仲の良いお母さんと訪れれば、こだわりのアイテムに囲まれたカフェタイムの話題は尽きないことうけあい。
◆【蔵前】from afar 倉庫01×ex. flower shop & laboratory KURAMAE
まるごとインテリアの参考にしたい
個性的なアイデアにあふれる空間
オーナーの「好きなもの」を集めた、書斎を思わせる空間は個性的。家具や雑貨のほとんどが日本の古道具で、棚にアートのように置かれた陶器類も日本の若手作家のもの。ひとつひとつに独特の個性があり、眺めているだけで時間を忘れてしまいそう。
そんな空間としっくり溶け合ったフラワーショップにも、真似したくなるシックなディスプレイが満載。インテリア好きな友人とティータイムを楽しみながら、雑貨に花にと時間を忘れて楽しめそう。
右下:香ばしい生地とサクサクメレンゲがアクセントのイチゴタルト 600円、右上:熱めのミルクでいれ、デザートに合わせやすいカフェラテ 550円
見ても味わってもおいしいメニューは
大人を満足させるハイクオリティ
日本の若手作家の陶器などで供されるデザートは見た目、味ともにハイクオリティ。友達とのカフェタイムはもちろん、母の日にお母さんを連れてくるなど、年配の人にも喜んでもらえそう。
季節によって内容が変わるタルトは完成度が高く、スイーツ好きの友人も納得の味。中深煎りの豆を使ったしっかりした苦みのコーヒーほか、鉄観音茶やほうじ茶ラテなど、大人がじっくり味わいたいドリンク類も充実しているのがうれしい。
高感度でスタイリッシュな花束は
インテリアの格上げにも
シックで大人っぽい、スタイリッシュな花束に根強い人気をもつフラワーショップが、併設された「ex. flower shop & laboratory KURAMAE」。
もちろん華やかなものやキュートなイメージでもオーダーできるが、このカフェの個性的な空間を楽しみにきたのなら、この店らしいシックなアレンジをお願いしてみるのも楽しい。
自宅をスタイリッシュに演出してくれる存在として、友人へプレゼントしても喜ばれそう。
【関連記事】
・大切な人と行きたい、都内のフラワーカフェ
・東京タワーも一望!高層階で楽しむブッフェ
・ローストビーフがおいしいホテルブッフェ
・美しいデザートにときめくホテルブッフェ
・ひとりでも楽しい。横浜に資生堂の新カフェ
 

read-more
from afar 倉庫01
place
東京都墨田区東駒形1-1-9 1F
opening-hour
12-19時(18時30分LO)
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら