森の中でおしゃれ&手ぶらバーベキューを!北浦和に新BBQ場がオープン


2017.05.12

OZmall

都心から1時間以内で行けるさいたま市に、森の中のBBQを楽しめる新施設がオープン。駅から無料シャトルバスが出ているので、アクセスも便利だし、なにより森の中というロケーションが素敵。週末の小旅行気分で、BBQのできる森へでかけよう。
◆森の中のおしゃれなキャンプを演出できるフォトジェニックな空間も素敵
2017年4月22日(土)にオープンした「ROT FEST CAMP(ロット フェスト キャンプ)」は、Jリーグ・浦和レッズの関連施設・レッズランドの中にあるBBQ場。毎週土曜、日曜、祝日の12時から15時にかけての営業だけど、周辺の北浦和駅や南与野駅から無料のシャトルバスが出ているので、気軽に出かけられる。
森の中のBBQ場にはおしゃれなテントやタ―プが並んでいて、フォトジェニックなロケーションになっているのも嬉しい。日よけ・雨除けのタ―プは10人までカバーできるそうなので、メンバーがまとまっても大丈夫。
◆スパイシーなケイジャン料理も!お肉&季節野菜のメニューはこだわりのラインナップ
メニューは1人4000円のコースで、基本メニューとなるのは「国産鶏のジャークチキン」、「ケイジャンポーク」、「サーロインステーキ」などのお肉と、季節野菜のバーニャカウダ、バゲット、マシュマロなどの計8品。
オススメは、「ケイジャンポーク」。アメリカ南部の郷土料理として有名なケイジャン料理では、タマネギ、セロリ、ピーマンなどをベースに作られたケイジャンスパイスを使うため、スパイシーな味わいになっている。
「鶏肉や魚介類に用いられることが多いケイジャンスパイスですが、豚肉ともとっても相性がいいんですよ」と、広報担当者さん。
すべて食材が揃っているので、手ぶらで出かけて、本格的な料理が楽しめるのもポイント。「生もの」と「加熱調理が必要なもの」以外は持ち込みもできるので、お誕生日ケーキを持ちこんでのBBQパーティなどもできる。森の中で香ばしいスパイスと一緒にいただくBBQは、さらにおいしく感じられそう。
◆周囲のスポーツ施設で体を動かしてから楽しんでもOK。週末は森の中のBBQランチを満喫しよう
また、BBQ場はレッズランドの中ということで、周囲にはフットサルやテニスのコートもあるので、スポーツを楽しんでからBBQというコースもアリかも。
「レッズランドには浦和レッズユースや浦和レッズレディースの練習場もあります。運が良ければ未来の日本代表やなでしこジャパンの選手に会えるかもしれません」(同)
森の中で森林浴をしながらのBBQだけでも楽しいのに、レッズランドを活用すればもっとアクティブな休日が過ごせそう。気軽に行ける森の中のおしゃれスポットで、週末には手ぶらBBQランチを満喫しよう。
NAOKO YOSHIDA (はちどり)
TEL.048-840-1541(レッズランド)
埼玉県さいたま市桜区下大久保1771 レッズランド内
アクセス:JR京浜東北線「北浦和駅」西口または「南与野駅」東口より、無料シャトルバス(土日祝運行)でレッズランドまで約20分
JR「浦和駅」「南与野駅」「北朝霞駅」、東武東上線「志木駅」より「下大久保バス停」下車徒歩6分
※シャトルバスの詳細はHPでご確認ください
営業時間:土日祝日12:00~15:00
料金:1人4000円(食材・会場利用料金・テーブル・椅子・グリルなどの使用料金を含む)
基本メニュー:国産鶏のジャークチキン、ケイジャンポーク、サーロインステーキ、チョリソー(和牛脂入り)、季節野菜のバーニャカウダ、ポークカチャトーラ(豚肉のトマト煮)、バゲット、マシュマロ
※飲み物は持ち込み可能
予約方法:HPより予約
アウトドアが気持ちいい季節になったら、簡単&おしゃれなバーベキューを楽しもう
今特集では、たけだバーベキューさん、うすい会さんなど、ライフスタイルに上手にBBQを取り入れている“BBQの達人”の極意やレシピから、都内や東京近郊の手ぶらバーベキュー場を中心にBBQスポットをご紹介。思い立ったらすぐに楽しめる、お手軽&おしゃれBBQで素敵な夏の1日を作ろう
 

レッズランド
place
埼玉県さいたま市桜区下大久保1771
phone
0488401541
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら