春爛漫!ボルボ スタジオ 青山に期間限定のさくらスイーツ&ドリンクが登場


2020.04.01

OMOHARAREAL

「ボルボ スタジオ 青山」のカフェスペースでは、2020年4月末までの期間限定で、桜を使用した「さくらセムラ」「さくらコーヒー」を提供している。ボルボ スタジオ 青山は、イベント開催やカフェメニューの提供を通して、本国スウェーデンの文化や、ボルボが考える上質なライフスタイルを紹介する“ブランド発信基地”。カフェスペースは、スウェーデンに根付く伝統的なカフェ文化「FIKA(フィーカ)」をコンセプトにしており、「factory&labo 神乃珈琲(かんのコーヒー)」とコラボレーションしたコーヒーや、国民的スイーツ「セムラ」を味わうことができる。セムラとは、カルダモンが香るブリオッシュパンに、アーモンドペーストとホイップクリームをサンドした伝統的なスイーツ。4月末までの期間限定で提供している「さくらセムラ」(570円/税抜)は、スウェーデンのFIKAに精通したイラストレーター・見瀬理恵子氏が監修したオリジナルレシピによるもの。自家製アーモンドペーストには桜の花と葉の塩漬けが練りこまれており、香り豊かな一品となっている。またブリオッシュパンは、青山にある、天然酵母パンが人気の「パン・オ・スリール」のものを使用。オーガニック粉と自家製天然酵母を使っており、素朴な味わいがアーモンドクリームとホイップクリームの優しい甘さを引き立てている。さらに、同期間限定で提供しているのが「さくらコーヒー」(600円/税抜)。コーヒーの味わいの中に、優しい桜の香りを感じられる一杯だ。「さくらセムラ」との相性のよさは言うまでもなく、さくらセムラとさくらコーヒーのお得な「FIKAセット」(950円/税抜)もオーダーすることができる。「さくらセムラ」「さくらコーヒー」を提供している期間中、ボルボ スタジオ 青山では桜のデコレーションを施したボルボ車「V60 T6 Twin Engine AWD Inscription」を展示。バーチライトメタリックのボディカラーに桜のピンク色が映え、空間を一層華やいだ雰囲気にしている。ボルボ スタジオ 青山のカフェスペースは、18時を過ぎるとシャンパンバーへと姿を変える。さくらセムラも、シャンパンとともに味わえばグッと大人の味わいに。■概要ボルボ スタジオ 青山住所:東京都港区北青山3-3-11 1F電話番号:03-6896-1141営業時間:ショールーム/カフェ 10:00〜18:00、シャンパンバー 18:00〜22:00(LO 21:30)※2020年3月31日(火)までカフェ&バーの営業時間は20時まで※さくらスイーツ&ドリンクの提供は2020年4月末まで>>EDITOR’S VOICE「ボルボ スタジオ 青山」から青山通りを表参道駅方面に歩くこと3分。木を基調としたファサードが目を引く小さなお店がある。眼鏡専門店の「blinc vase(ブリンク ベース)」だ。店内にはOliver Peoples、MYKITA + Maison Margiela、THOM BROWNE EYEWEARなど幅広い世代に支持される人気ブランドからモードファッション系ブランドまで並び、多くの“眼鏡びと”に愛されている。 Text:Natsuno Aizawa  

ボルボスタジオ青山カフェ&バー
place
東京都港区北青山3-3-11 1F
phone
0368961141
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら