富田直樹の個展「東京」が表参道で開催。誰もが見覚えのある、東京の今を描く


2019.10.31

OMOHARAREAL

2019 年10月18日(金)〜11月22日(金)、MAHO KUBOTA GALLERYにて、富田直樹の個展「東京」を開催する。厚塗りの油絵具を重ねる手法を用いて描くアーティスト、富田直樹。今回描くのは、刻々と移り変わる「東京の今」というストレートな内容。この新作も油絵具を塗り重ねられて表現された東京の風景を展開している。その風景は東京で生活する人なら誰もが見覚えのある光景。池袋、六本木、神宮外苑、秋葉原、渋谷、新宿歌舞伎町、中目黒など、一つ一つの場所に人それぞれの記憶や思いがあるにせよ、富田氏のキャンバス上では、「ニュートラル(中立的)な風景」「一つの共同体」として描かれている。そんな東京の風景に共通する記号的な光景を感じ取ってみて欲しい。 今回、富田氏が東京の今を描くことになったきっかけは、その土地に滞在しながら作品制作を行う「アーティストレジデンス・プログラム」が深く関わっているように見られる。昨年、熊本県津奈木町で4ヶ月滞在し、制作を行っていた富田氏。巨大な都市から離れ、一度リセットする経験が、彼の作品の主題ともいえる「何かが新しい何かになる前のニュートラル(中立)な状態」を再度意識させたようだ。そういった背景から、今回のニュートラルな風景「東京」が描かれることに繋がるのではないだろうか。是非、自分の気持ちなどに片寄ることなく、ニュートラルな感情で今の東京を見に行って欲しい。 ■概要富田直樹「東京」開催期間:2019 年10 月18 日(金)〜11 月22 日(金)開場時間:12:00〜19:00定休日:月曜日、日曜日、祝日開催場所:MAHO KUBOTA GALLERY 住所:東京都渋谷区神宮前2-4-7 >>EDITOR’S VOICEMAHO KUBOTA GALLERYの近くでランチするなら「ORGANIC TABLE BY LAPAZ」がおすすめ。“ヴィーガンジャンクフード”をコンセプトに、ヘルシーにジャンクフードを味わうことができる。「本当にヴィーガン?」と疑いたくなるほどジューシーなヴィーガンバーガーを是非試してみて。 Text:ayaka minoda ■作品画像クレジットタイトル:Tokyo (National Stadium) サイズ:91 x 91 x 2cm 素材:キャンバスに油彩 ©Naoki Tomita / MAHO KUBOTA GALLERY タイトル:Tokyo (Metropolitan Expressway) サイズ:72.7 x 60.6 x 2cm 素材:キャンバスに油彩 ©Naoki Tomita / MAHO KUBOTA GALLERY  

MAHO KUBOTA GALLERY(ミホクボタギャラリー)
place
東京都渋谷区神宮前2-4-7
phone
0364347716
opening-hour
12:00-19:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら