塩竈みなと祭(神輿海上渡御)


2019.06.12

NAVITIME TRAVEL EDITOR

日本三大船祭りの1つに数え上げられる祭りで、日本三景、松島湾を2隻の御座船と、約100隻の供奉船が巡幸する「神輿海上渡御」がメイン。なぜ御座船が2隻あるかというと、2つの神社が、それぞれ神輿を出すからです。
歴史ある神事の形をとる祭りとしては比較的新しく、今年で72回目です。毎年「海の日」に本祭を迎えます。

■ココは見ておきたいポイント

鹽竈神社の「表坂」とよばれる202段もの急な石段を神輿が駆け下りる「表坂下り」は迫力満点。場所取りが熾烈になるのが予想されるので行くならお早めに。そしてなんといっても、日曜日昼間の「神輿海上渡御」。遊覧船に乗って、船の祭りを眺める体験もできます。
マリンゲート塩釜を12:00発。詳細・料金と予約はこちら。
【URL】https://www.marubun-kisen.com/wakuwaku/minato.php

前日入りすると、20時から行われる前夜祭の花火大会も楽しめます。

【期間】2019年7月14日~15日(花火大会は14日、塩竈みなと祭は7月15日)
【場所】塩釜港周辺
【住所】宮城県塩竈市港町
【電話】022-366-2055(塩竈みなと祭協賛会事務局)
【URL】http://kankoubussan.shiogama.miyagi.jp/news/news/detail.php?id=124
【写真提供】宮城県観光課

この記事を含むまとめ記事はこちら