NAVITIME Travel

167個のランプが灯る映画のようなカフェ「北一ホール」

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

24. September. 2019

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

小樽へ来たら絶対に外せないロマンチックなカフェがあります。それは、「北一硝子」三号館の中にある「北一ホール」。
ホールに足を踏み入れて圧倒されるのがその開放感と無数のランプ!奥行のある空間に吹き抜けの天井とそこに散りばめられた無数のオレンジの灯り。温かいランプの光だけに灯された空間は、ほっとするような安心感を覚えます。ホールでは、月曜から金曜(祝日を除く)の午後2時、午後3時、午後4時の3回、ピアノの生演奏が行われています。ピアノの最高峰と呼ばれる「スタインウェイ」から奏でられる優しい音色が、館内のムードと相まってきっと至福のひとときを味わえるはずです。

【関連記事】まるで映画の世界。167個の石油ランプだけがきらめく「北一ホール」で非日常体験

北一ホール 店内写真提供:北一ホール

この記事を含むまとめ記事はこちら

北海道の写真集

  • 全国

    |

    エリアから探す

    • 目的から探す

      新着記事

        もっと見る

        新着の観光コース