甲府駅からタクシーで15分ほど。バスもあります。

ジャン=フランソワ・ミレー 左:《落ち穂拾い、夏》(1853年)油彩・麻布/右:《種をまく人》(1850年)油彩・麻布

山梨県立美術館で、ミレーの名画にうっとり


2017.06.01

NAVITIME TRAVEL EDITOR

甲府駅からタクシーで15分ほど。バスもあります。

お腹がいっぱいになったところで、お次は芸術に触れる名スポットへ。山梨県立美術館はフランスの画家ジャン=フランソワ・ミレーの作品を数多く所有することで有名。週末には、全国から多くのファンが押し寄せるそうです。

  • 山梨県立美術館が所蔵するミレー作品は油彩画だけでも11点。パステル画などを含むと約70点と、見応え抜群です。世界を代表する有名画家の名画たちに、存分に酔いしれてください。

    こちらに展示された作品、ぜーんぶミレーです!

    こちらに展示された作品、ぜーんぶミレーです!

    ここの目玉作品は、ミレーの代表作として知られる《落ち穂拾い、夏》と《種をまく人》。清閑な館内でゆったりと名画を眺めれば、慌ただしい日々を忘れられるはず。

    ジャン=フランソワ・ミレー 左:《落ち穂拾い、夏》(1853年)油彩・麻布

    右:《種をまく人》(1850年)油彩・麻布

    館内に設置されている隠れ人気スポット、「富士見の窓」。天気がいい日は、富士山を含む山梨の名山が見渡せます。窓の外に広がる絶景は、まるで1枚の絵画のよう。

    その名も「富士見の窓」!

    その名も「富士見の窓」!

    美術館の外に広がる広大な敷地では富士山をバックに、岡本太郎やオーギュスト・ロダン、佐藤正明ら有名作家の作品を無料で楽しむことができます。ボタンやバラ、ハナミズキ、ラベンダーなど、いたるところに植えられている花々を鑑賞しながら、コーヒーを片手にお散歩タイムをエンジョイ!

    彫刻が並ぶ庭を、ぶらり散歩♪

    彫刻が並ぶ庭を、ぶらり散歩♪

    山梨県立美術館
    place
    山梨県甲府市貢川1-4-27
    phone
    0552283322
    opening-hour
    9:00-17:00(入館は16:30まで)

この記事を含むまとめ記事はこちら