NAVITIME Travel

【倉敷・観光】青いソフトクリーム!?「倉敷デニムストリート」でデニムにちなんだ食べ歩き&ショッピング

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

22. June. 2019

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

戦国時代、元々は農地確保のために干拓が行われた倉敷で、塩分に強い綿花の栽培が行われたため、後に綿の加工業が発達します。しかし、長い歴史とともに需要も変化していき、岡山の加工業者たちは、綿を利用した製品作りに悩んだのをきっかけに、徳島の藍染と広島の絣の技術を応用してジーンズを作り始めました。

今では、岡山県児島のジーンズといえば、世界でも良質と有名です。デニムストリートでデニム製品のお買い物を楽しみながら、デニムのような青い色をした「ラムネ味のソフトクリーム」や「デニムまん」を味わってみてはいかがでしょうか?

「デニムソフトクリーム」お味はラムネでさっぱり!

この記事を含むまとめ記事はこちら

岡山県の写真集

  • 全国

    |

    エリアから探す

    • 目的から探す

      新着記事

        もっと見る

        新着の観光コース