NAVITIME Travel

広島を代表するソウルフードと言えば…やっぱり!「お好み焼き」

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

5. April. 2018

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

戦前のメニューで一銭洋食(小麦粉を水で溶かした生地の上にネギ等をのせる鉄板焼き)が原型で、生地と具を重ねて蒸し焼きする作り方。定番メニューは肉、玉(卵)、そばが一般的です。
お店が「○○ちゃん」と言った名が多いのは、戦争で夫を亡くした女性が、自宅の土間を改造して店を開いた背景があり、現在では広島市だけで700軒以上あります。鉄板で焼いてそのまま皿に移さずヘラで一口大にして食べるのがスタイルです。

!注意!お好み焼きを「広島焼き」と言うのはNG、広島風お好み焼きはセーフ。

お好み焼きに相性ぴったりな「おたふくソース」は広島発祥の世界的ソースメーカーです

この記事を含むまとめ記事はこちら

新着記事

    もっと見る

    新着の観光コース

      広島県の写真集

    • 全国

      |

      エリアから探す

      • 目的から探す