【沖縄】人気の離島「西表島」ってどんな場所?亜熱帯のジャングルと星砂の浜キャンプがおすすめ!

沖縄観光でも人気の「西表島(いりおもてじま)」。148ある沖縄の離島の中でも群を抜いて有名な、定番の観光スポットです。
今回は、そんな「西表島」が実際どんな場所なのか、何ができるのかをメインにご紹介していきます。この島の特徴やおすすめの観光場所、アクセスなど、旅行前に知っておくと便利な情報がぎゅっと詰まっています!

  • 01

    「西表島(いりおもてじま)」はどんな島?何ができるの?

    「西表島」は、八重山諸島にある沖縄県で本島の次に大きな島。島のほとんどが亜熱帯の原生林に覆われており、その自然の豊かさから1972年に島全体が国立公園に指定されました。自然豊かな森の中では、イリオモテヤマネコやカンムリワシなど15の国指定天然記念物が暮らしていることでも有名です。
    そんな「西表島」でしたいことと言えば、やっぱり亜熱帯のジャングルを探検すること!仲間川流域の「マングローブ」や、日本の滝百選に選ばれた「マリユドゥの滝」など数々の自然の美しい景色が見られます。

    マヤグスクの滝

    マヤグスクの滝写真提供:竹富町観光協会

  • 02

    島の約90%が亜熱帯のジャングル!?

    西表島の約90%は亜熱帯の原生林で、日本とは思えないジャングルのような光景が広がっています。マングローブを見て回るなら「浦内川」か「仲間川」がおすすめです。

    ●浦内川(うらうちがわ)●
    「浦内川」は、延長19㎞と沖縄県で一番長い川で、観光のための遊覧船が往復しています。上流では、”神々の座”を意味する聖地「カンビレーの滝」を見ることができます。

    浦内川の風景

    浦内川の風景写真提供:竹富町観光協会

    カンビレーの滝

    カンビレーの滝写真提供:竹富町観光協会

    ●仲間川(なかまがわ)●
    「仲間川」は、日本でも有名なマングローブ原生林で、亜熱帯特有の珍しい植物や日本最大級の「サキシマスオウノキ」を見ることができます。この木は”森の巨人”と呼ばれており、推定樹齢はなんと400年くらい。神秘的な光景にくぎ付けになります。

    日本最大級のサキシマスオウノキ

    日本最大級のサキシマスオウノキ写真提供:竹富町観光協会

  • 03

    雄大な滝に絶景ビーチキャンプ…自然の中で思いっきり遊ぶ!

    西表島には、豊かな自然の中で遊べるアクティビティがたくさんあります。自然で思い切り楽しめるおすすめのスポットをご紹介します。

    ●ピナイサーラの滝●
    「ピナイサーラ」の滝は、沖縄県下最大の落差を誇る滝です。ここへ向かうツアーは、西表島でも一番人気のアドベンチャーなのだそう。滝の上からの素晴らしい眺望と壮大な滝つぼの両方を楽しめます。
    【ツアー料金】ピナイサーラの滝(滝つぼ&滝うえ)コース 13,000円/人
    【西表島カヌーツアー風車 公式HP】https://kazaguruma-iriomote.jp/tour/pinaisara/

    ピナイサーラの滝

    ピナイサーラの滝写真提供:竹富町観光協会

    ●星砂の浜(ほしすなのはま)●
    星型の砂があることから「星砂の浜」と呼ばれているこちらのビーチ。大きな岩が多く、小さなお魚がたくさん見られます。
    ちなみに、こちらでは7,000坪以上の広大なキャンプ場が併設されており、一人一泊500円でテントを張ることができます。好きな時に海へ行き、夜は星を見て眠る、夢のような体験ができます。
    【キャンプ料金】一泊 500円/人
    【星の砂キャンプ場 公式HP】http://www.hoshinosuna.ne.jp/camp.html

    星砂の浜キャンプ場

    星砂の浜キャンプ場写真提供:竹富町観光協会

    ●イダの浜●
    船でしか行くことのできない「イダの浜」は、約50人が暮らす小さな船浮集落のすぐそばにある砂浜です。秘境にひっそりとたたずむ美しい光景は、見ているだけでも癒されます。シュノーケリングで、色とりどりのサンゴを鑑賞するのもおすすめです。
    【料金】大人:520円 小人:260円/片道
    【船浮海運 公式HP】https://funaukikaiun.wixsite.com/top-jp

    イダの浜

    イダの浜

    イダの浜

    イダの浜

  • 04

    天然記念物イリオモテヤマネコのことを知ろう

    西表島に生息している「イリオモテヤマネコ」は現在約100頭と、絶滅危惧種に認定されています。胴長・短足のずんぐりむっくりな体形や目の周りの白い模様、丸い耳が特徴です。

    ●西表野生生物保護センター●
    西表島の絶滅のおそれのある野生生物の保護活動の拠点として作られたのが「西表野生生物保護センター」です。イリオモテヤマネコをはじめとした西表島に生息する鳥や渡り鳥、動物などのはく製が多数展示されており、見ごたえも十分。入館料は無料のため、気軽に立ち寄ってみましょう。
    【入館料】無料
    【西表野生生物保護センター 公式HP】https://iwcc.jp/

    西表野生生物保護センター

    西表野生生物保護センター

    イリオモテヤマネコの銅像

    イリオモテヤマネコの銅像写真提供:竹富町観光協会

  • 05

    水牛車で行く植物園「由布島(ゆぶじま)」は外せない!

    ●亜熱帯植物楽園 由布島(ゆぶじま)●
    「由布島」は島全体が植物園になっている周囲2kmの小さな島です。温暖な気候から一年中花々が咲き誇り、ゆったりとした時間が流れます。島には約150頭もの水牛が暮らしており、西表島からの移動も水牛車を利用します。
    【入園料&往復水牛車】大人(中学生以上):1,760円 子供(小学生):880円
    【亜熱帯植物楽園由布島 公式HP】https://yubujima.com/

    由布島 水牛車

    由布島 水牛車

    由布島 水牛車

    由布島 水牛車

    亜熱帯植物楽園 由布島

    亜熱帯植物楽園 由布島

  • 06

    「西表島」への行き方・アクセスは?

    西表島には空港がありません。そのため、石垣島に飛行機で渡り、離島ターミナルへ移動して、そこから高速船で西表島に向かいます。西表島には上原港と大原(仲間)港の2つの港があるので、観光に合わせて選びましょう。

    〈西表島へのアクセス〉
    [新石垣空港]⇒車で約20分or路線バスで約43分⇒[離島ターミナル]⇒高速船約35~40分orフェリー約45~100分⇒[西表島]

    ▼詳しくは「西表島ねっと 公式HP」をご覧ください
    http://www.iriomotejima.net/access.php

    豊かな自然を感じに、西表島へ足を運んでみませんか?

    豊かな自然を感じに、西表島へ足を運んでみませんか?

    西表島
    place
    沖縄県八重山郡竹富町
    phone
    0980825445
    no image

この記事を含むまとめ記事はこちら