目白駅から徒歩7分ほど行ったところにある「花想容」。閑静かつ瀟洒な住宅街に位置するこのお店は、「かそけき」、そんな言葉が似合ってしまうほどひっそりとした佇まいで私たちを迎えてくれます。けれどもひとたび中に入ればそんな印象を払拭してしまう世界が広がっているんです!今回はそんな「花想容」の魅力に迫ってみましょう。

  • 01

    年月を経たお庭と日本家屋に歴史を感じて

    まず目に飛び込んでくるのは素敵なお庭!さまざまな植物の姿が目にも華やかです。その先には大正時代の古民家を再利用したのだというカフェスペースが広がります。年月を経て深みを増したお庭、美しい日本家屋。それだけでもここに来た価値あるというものです。

  • 02

    お茶を片手に、気軽に和文化と触れ合える

    カフェは8席ほど用意。お庭を目の前に、あんみやつ季節の和菓子、お抹茶が楽しめます。

    メニューはそれほど多くないながらも中身は本格的!

    カフェスペースには着物や和小物が展示されており、自由に手に取ることができます。普段「和の文化は敷居が高い」と思っている人でも、気軽に着物と触れ合うことができる空間なんです。

  • 03

    自分だけのきものをセレクト

    花想容の最大の魅力はオリジナルの着物や帯が購入できるというところ!「自分にはどんな着物が合うの?」と不安な方は、お店に相談してみるのがおすすめ。絞りや刺繍の柄をあつらえてくれます。染め直し、お直し、コーディネートの相談など、きもの上級者も気軽に利用できますよ。和室は着付け教室も実施しており、ここを「きものの入り口」にされる方が多数いるようです。夏なら、自分だけの浴衣を仕立ててみるのも素敵ですね。

  • 04

    アクセス情報

    目白通り、目白三丁目の交差点を新宿方面へ曲がると、閑静な住宅街があります。まっすぐ進むと大きなけやきの木が見えるので、その一つ前の角を右にまがり、次の角を左に行ったところにあります。

この記事を含むまとめ記事はこちら