日本初公開全身復元骨格「スピノサウルス」

【レポ!】二大肉食恐竜の競演!特別展「恐竜博 2016」が上野の国立科学博物館で開催


2016.03.08

NAVITIME TRAVEL EDITOR

日本初公開全身復元骨格「スピノサウルス」

2016年3月8日(火)~6月12日(日)に、上野の国立科学博物館にて特別展「恐竜博 2016」が開催されます。近年の恐竜研究の成果を、日本初公開の貴重な標本などとともに紹介!長年謎に包まれていた肉食恐竜・スピノサウルスや、史上最大級のティラノサウルス、2大肉食恐竜が上野で夢の競演がメイントピックとして謳われていますが、さすがは科博!2大恐竜意外の見所も沢山ありました!

  • 01

    恐竜研究の新たな扉をひらく7つのキーワード

    恐竜博の展示は7つのコーナーと、第2会場とに分かれています。
    まずは恐竜の「起源」について。恐竜に最も近縁な爬虫類(恐竜形類)と恐竜の脚の違いについてや、恐竜の2大グループ「竜盤類」、「鳥盤類」について展示されています。

    恐竜形類の「アシリサウルス」と竜盤類の「エオラプトル」などが並ぶ

    恐竜形類の「アシリサウルス」と竜盤類の「エオラプトル」などが並ぶ

    2つ目のキーワード「植物食」については、2015年に復元されたばかりの新種恐竜「チレサウルス」が登場!この恐竜は恐竜学者が驚いた「びっくり恐竜」のひとつで、獣脚類はすべて肉食だったの「例外」。草食恐竜のような植物をすりつぶす形の歯をもっていたことが分かったのです。

    チレサウルス

    チレサウルス

    3つ目キーワードは「飛翔」です。ここでは2015年に報告された新種恐竜「イー」が登場します。恐竜は四翼で滑空し、鳥類へ進化したというのが定説でしたが、イーは皮膜によって滑空していたと言われ、恐竜の進化の多様性がまた明らかになりました。

    日本初公開「イー」

    日本初公開「イー」

  • 02

    二大肉食恐竜の競演!史上最大級のティラノサウルス初来日!

    恐竜の中で高い人気を誇るティラノサウルスと、そのティラノサウルスを超える史上最大の肉食恐竜スピノサウルスが対峙する迫力の巨大空間が出現!
    1991年にカナダで発見され、史上最大級の大きさを誇るティラノサウルス「スコッティ」がついに初来日します!全長約15mのスピノサウルスと、全長約12mのティラノサウルス「スコッティ」が対峙する姿は迫力満点です!

    4つ目のキーワード「水中進出」については、スピノサウルスの頭骨の形状についての研究結果や、ティラノサウルスと比較することで、スピノサウルスへの理解を深めていけるよう展示が工夫されています。

    「スコッティ」の全身骨格標本は未だ世界に3体しかなく、日本で公開されるのは初めて

    「スコッティ」の全身骨格標本は未だ世界に3体しかなく、日本で公開されるのは初めて

  • 03

    まだまだ続く「日本初」と「新発見」!

    世界でまだ1体ずつしか発見されていないパラサウロロフスとカスモサウルスの赤ちゃん化石の全身骨格が初来日!中でも、パラサウロロフスの子どもの発見は、恐竜研究の最大の謎のひとつである「鳴き声」の研究の可能性を大きく広げました。会場では、大人と子どもで異なることが分かったパラサウロロフスの鳴き声を再現します。

    5つ目のキーワード「赤ちゃん」のパラサウロロフス全身骨格

    5つ目のキーワード「赤ちゃん」のパラサウロロフス全身骨格

    6つめのキーワード「恒温」で登場する「クリンダドロメウス」も「びっくり恐竜」のひとつで、羽毛は恐竜が鳥類に進化する過程で出現したと考えられていましたが、鳥盤類のクリンダドロメウスにも羽毛の痕跡があったのです。もしかして恐竜は最初から羽毛を持っていたのかもしれません…。

    日本初公開クリンダドロメウスの全身復元骨格

    日本初公開クリンダドロメウスの全身復元骨格

  • 04

    恐竜博を楽しむには「音声ガイド」がおすすめ!ジュニア版もあります。

    音声ガイドを借りると、今回の「恐竜博2016」を監修した国立科学博物館「真鍋真博士」の詳しい解説を聞く事ができ、今回の発見がどのようなものだったかの理解が深まるのでおすすめです!
    今回は子どものために、アシリサウルスの「アシリー」とパラサウロロフスの「ロロ」が物語り調で展示を紹介してくれるキッズ用の音声ガイドもあります。

  • 05

    第2会場では化石クリーニング作業を目の当たりで見学できる!

    期間限定ではありますが、会期中にはカナダから来日した化石クリーニングの専門家「クライヴ・コイ」さんが2014年にアルバータ州で見つかった小型獣脚類サウロルニトレステスのクリーニング作業を真近で見ることもできます!

    <実演スケジュール>
    実演日:3/8(火)~4/3(日)、6/2(木)~6/12(日)
    休演日:3/14(月)および火曜日、水曜日 ※3/8(火)は実演
    実演時間:9:00~17:00 ※12:00~13:00は休演
    ※実演時間や休演日は変更になる可能性があります。
    ※休暇日を除く4/4(月)~6/1(水)はクライヴ・コイさんに代わり、北海道大学の学生たちが北海道・むかわ町穂別博物館の化石のクリーニング実演を行います。

    会期中にどんどんと進められるクリーニング作業

    会期中にどんどんと進められるクリーニング作業

  • 06

    「恐竜博2016」のお土産

    会場限定のお土産はどれもデザインが可愛くて欲しくなってしまうものばかりです。特に大人から子どもまで幅広い年齢層に支持されている「海洋堂製のオリジナルカプセルフィギュア」は全4種類。何度もチャレンジしてしまう方も多いのではないでしょうか。

    海洋堂製のオリジナルカプセルフィギュア1回500円

    海洋堂製のオリジナルカプセルフィギュア1回500円

    恐竜博 2016ミニプリントクッキー626円

    恐竜博 2016ミニプリントクッキー626円

    恐竜博 2016学習帳(2種類) 1冊324円 

    恐竜博 2016学習帳(2種類) 1冊324円 

  • 07

    大人も子どもも大興奮の特別展「恐竜博 2016」

    今回の恐竜博2016では、ナイトミュージアムや、謎解きが開催されたりと大人も子どもも夢中になってしまうようなイベントも盛りだくさんです。
    最新の恐竜研究に触れられる科学博物館特別展「恐竜博 2016」へ春休みやゴールデンウィークに出かけてみませんか?

この記事を含むまとめ記事はこちら