東京・墨田区にある「すみだ水族館」では去年に引き続き、今年も蜷川実花氏とクラゲのコラボレーション展示が行われます。期間は2016年11月8日から2017年3月14日までの約4ヶ月間です。

  • 01

    一面に広がる、美しいクラゲ展示ゾーンにうっとり

    昨年に引き続き2回目となるこの企画。今年はなんと、クラゲ展示水槽18個全てが写真家・映画監督の蜷川実花氏の作品によって色鮮やかに彩られます。
    幅約4メートル、高さ約1.5メートルの大型水槽や、8種類のさまざまなクラゲを展示したU字型水槽がある展示ゾーンを彩る「蜷川ワールド」は、絢爛豪華の一言。幻想的な極彩色空間が一面に広がります。

    クラゲゾーン(イメージ)

    クラゲゾーン(イメージ)すみだ水族館

    壁と天井の3面が約5,000枚の鏡で囲まれた全長約50メートルのスロープで、水槽と壁面に映像を投影した「クラゲ万華鏡トンネル」は、まさに万華鏡の中の世界。浮遊するクラゲに照明、そしてアロマの効果が加わって、まるで夢の中にいるような気分になれることでしょう。

    クラゲ万華鏡トンネル(昨年開催の様子)

    クラゲ万華鏡トンネル(昨年開催の様子)すみだ水族館

    昼と夜では投影する映像が異なりますので、それぞれ違う雰囲気が楽しめますよ。時間に追われる慌しい日々の中、水の流れに身を任せ、ふわりと漂うくらげの動きを見ながら、心安らぐ時間をお過ごしください。

  • 02

    特別体験プログラムや、期間限定メニューも登場

    その他にも、期間限定の体験プログラムが盛り沢山。
    クラゲの体の仕組みを学んだり、クラゲにごはんをあげたりできる「クラゲ研究員」。こちらは飼育スタッフと同じ白衣を着て、クラゲの生態や特徴を楽しみながら学べるプログラムです。

    クラゲ研究員

    クラゲ研究員すみだ水族館

    半透明の素材を使い、好きな色や形のクラゲを作れるのは「クラゲうつし」。作ったクラゲは光を当てて壁面の大きなスクリーンに投影し、自由に動かして遊ぶことができます。

    クラゲうつし

    クラゲうつしすみだ水族館

    ビンに入った自分だけのマイクラゲを、ペンライトを使ってじっくり観察できる「ふわふわクラゲ」。飼育スタッフと一緒にクラゲの不思議な生態に触れて、たっぷり癒されましょう。

    ふわふわクラゲ

    ふわふわクラゲすみだ水族館

    5Fペンギンカフェでは、ふわふわしたクラゲをイメージした特別メニュー「ふわふわクラゲソーダ」が登場します。ピーチ味のゼリー入りソーダは、クラゲ万華鏡トンネルの展示にあわせて夜の時間帯はピンクからブルーに変更になります。大人向けとしてアルコール入りも販売されますよ。

    ふわふわクラゲソーダ

    ふわふわクラゲソーダすみだ水族館

    すみだ水族館で生まれたクラゲの赤ちゃんが成体になる過程を段階的に観察できる「アクアラボ」にも注目です。ぜひ積極的に飼育スタッフに話しかけて、詳しい解説を聞いてみてくださいね。今まで知らなかったクラゲのマル秘話が聞けるかも?

    アクアラボ

    アクアラボすみだ水族館

  • 03

    この機会にオススメしたい、オリジナル年間パスポート

    通常2回分の入場料金で1年間に何度も入場できる、とってもお得な「年間パスポート」にも、オリジナルコラボデザインが登場!水族館がぐんと身近なスポットになりますよ。

    年間パスポート(イメージ)

    年間パスポート(イメージ)すみだ水族館

    体験プログラムや特別メニューは、それぞれ期間や参加方法等が異なりますので、忘れずにホームページ等を確認してくださいね。ふんわり漂うクラゲと共に過ごす、極上のリラックスタイムを体感しに行きましょう。

    すみだ水族館
    place
    東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5・6F
    phone
    0356191821
    opening-hour
    [平日]10:00-19:00(最終入館18…

この記事を含むまとめ記事はこちら