「ラスコー展」が『逃げ恥』の聖地に仲間入り - 缶バッジもプレゼント中


2016.12.20

マイナビニュース

国立科学博物館(東京都台東区上野公園)では、特別展「世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」を開催中。同展は12月13日に放送されたTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第10話の舞台となり、話題となっている。
『逃げるは恥だが役に立つ』は、「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり(新垣結衣さん)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源さん)と契約結婚しながら同居生活を送るラブコメディー。みくりと津崎の恋模様だけでなく、津崎の職場の後輩・風見(大谷亮平さん)とみくりの伯母・百合(石田ゆり子さん)の17歳の年の差がある関係も注目を集めているという。
「ラスコー展」が舞台となったのは、風見が熱烈なアプローチをしてくる杏奈(内田理央さん)と、百合が同級生でシングルファーザーの田島(岡田浩暉さん)とそれぞれ一緒にいたところに、偶然「ラスコー展」の会場で遭遇してしまうというシーン。展覧会のハイライトとなる実物大の洞窟壁画を前に、百合を中心に4人の恋愛模様が新展開を見せた。
「世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」は2017年2月19日まで開催中で、フランスの世界遺産、ラスコー洞窟の謎に迫る展覧会となる。実物大で再現された洞窟壁画を間近で体感できるほか、洞窟で発見された世界初公開の顔料や石器をはじめ、日本初公開となるクロマニョン人が残した多彩な彫刻や道具の数々を紹介している。
『逃げるは恥だが役に立つ』は、エンディング曲にのせて出演者らが披露するダンスが話題になったり、撮影場所となった温泉旅館に予約が殺到したりするなど、ドラマの内容にとどまらない人気を博している。国立科学博物館・毎日新聞社・TBSの3者は、第10話の放送で「ラスコー展」の会場も新たな聖地として仲間入りを果たした、とのコメントを発表した。
ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ 最終回15分拡大SP!』は、12月20日の22時~23時09分に放送。なお「ラスコー展」が登場する第10話は、「TBS FREE無料見逃し配信」で20日放送の最終話直前まで視聴可能となっている。
国立科学博物館では、12月17日~25日の期間中、Twitterからラスコー展公式アカウント、公式キャラクターアカウント、準公式キャラクターアカウントのいずれかをフォローした全員に、会場内でオリジナル缶バッジをプレゼントするとのこと。 

read-more
国立西洋美術館
place
東京都台東区上野公園7-7
phone
05055418600

この記事を含むまとめ記事はこちら