原画180点以上の大銀魂展--1日限定エピソードにパロディへ被害コメントも


2016.12.16

マイナビニュース

秋葉原 UDX アキバ・スクエアにて12月23日~2017年1月9日、180点以上の原画がそろう「連載完結寸前 大銀魂展~ツケが回る前にケツを拭け~」が開催される。
会場で展示される原画の多くには、執筆当時の心境やキャラクターへの想いなどを作者自ら語るという空知先生のコメントが添えられる。ファン投票で選ばれたエピソードも、毎日1話丸ごと日替わりで展示する。エピソードにより、一部複製原画が含まれる場合がある。なお、展示の順番と得票数は関係ないという。また、作者・空知英秋先生の仕事場をイメージしたコーナーも展開。貴重なネームや愛用しているペンなども展示される。
さらに、『銀魂』では『DRAGON BALL』(鳥山明 著)や『ONEPIECE』(尾田栄一郎 著)などさまざまなマンガ作品をパロディ化してきたが、同展開催を機に、被害に遭った漫画家から続々と色紙とクレームコメントが届いたという。それらを空知先生の反省コメントとともに展示するという、『銀魂』らしい展示になっているという。
「連載完結寸前 大銀魂展~ツケが回る前にケツを拭け~」 は12月23日~2017年1月9日10:00~19:30(20:00閉場)に東京 秋葉原 UDX 2F アキバ・スクエア(千代田区外神田4-14-1)にて開催。入場料は一般・大学生税込1,500 円(1,400円)、中学生・高校生税込1,000円(900円)、小学生税込500円(400円)、未就学児は無料となる(()内は前売料金)。
(c)空知英秋/集英社 

read-more
秋葉原UDX
place
東京都千代田区外神田4-14-1
phone
0332525091
opening-hour
【レストラン&ショップ ア…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら