健康も刺激もほしい女子に! 担々麺専門店の一押しサービスを男性記者が体験


2016.02.27

マイナビニュース

岩田食品は2月18日に、「美味しく食べて健康に」がモットーの「担担麺ごまる」(東京都・銀座)をオープンした。同店は、担担麺が好きな人はもちろん、女性も気兼ねなく1人で楽しめるような店舗を意識した担担麺専門店。健康を意識したサービスがあるというので、看板商品の「ごまる担担麺」を中心に、そのこだわりを紹介しよう。
○罪悪感を軽減!? 食前に健康ジュースをサービス
そのサービスというのが、担担麺を食べる前に提供される「豆乳胡麻野菜ジュース」だ。水菜やキュウリ、レタス、パイナップル、豆乳をミックスしたスムージーは、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるという。なお、「豆乳胡麻野菜ジュース」は女性限定で、男性は飲むことができない。今回、筆者は特別に飲ませていただいた。
ひと口飲んでみると、パイナップルの酸味とキュウリのみずみずしさで口の中がさっぱりする。後味にほんのり水菜の香りがするのも特徴的だ。また、豆乳には美容効果の他、胃粘膜を保護する働きもあるという。美味しく野菜を摂取できるので、辛い担担麺の前に飲むにはぴったりだ。
○担担麺の辛さは自在! 胡麻の香りが止まらない
さて、「ごまる担担麺」である。トッピングには、甘辛く味付けしたひき肉、チンゲン菜、花椒、ネギが乗せられていた。
スープのベースは、丸鶏と香味野菜を煮込んでうま味を取り出した中華スープと「つぶし胡麻」のペーストで、そこにラー油、花椒(山椒の一種)を加えて辛さを調節している。辛さは、「辛さ無し(ラー油、花椒なし)」「辛さ控えめ(花椒抜き)」「レギュラー」「辛さ増し(ラー油、花椒増し)」の4段階。筆者はレギュラーを選択した。
スープをすすると、花椒の華やかな香りが口に広がった。「見た目ほど辛くないな」と思ってすすっていると、じわじわと顔が熱くなる。気が付いたら、額から汗が流れていた。舌に残る辛さではなく、体の中から熱くなる担担麺のようだ。
「辛さ増し以上の辛さがほしい! 」という人は、みそにハバネロを加えた「みそスコ」を垂らしてみてほしい。ほんの少しだけでも辛さが増すので、注意が必要だ。みそスコは、税込500円で購入することもできる。
同店ではほかにも、「野菜たっぷり担担麺」(税込980円)、豚のあばら肉を載せた「排骨担担麺」(税込1,080円)、「黒ごま味噌担担麺」(税込950円、期間限定)を提供。また、がっつり食べたい男性のために大盛りやサイドメニュー、ちょっと飲みたい人へのおつまみも取りそろえている。
同店の営業時間は、11時~23時(ラストオーダーは22時45分)。席数は、全36席。体を労わりつつも刺激のある一杯を楽しみたいならぜひどうぞ。 

担担麺ごまる
rating

3.5

11件の口コミ
place
東京都中央区銀座1-14-5 銀座ウイングビル 半地下
phone
0335630888
opening-hour
11:00-23:00(L.O.22:45)
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら