その数1,700種! 大阪府「チョコレート博覧会」には有名ブランドが勢ぞろい


2016.02.10

マイナビニュース

阪急阪神百貨店は1月27日~2月14日、「バレンタインチョコレート博覧会」を「阪急うめだ本店」(大阪府大阪市)で開催している。
同イベントはバレンタインに合わせ、同館9階の「催場」「祝祭広場」「阪急うめだギャラリー」「アートステージ」、地下1階の「洋菓子売り場」、地下2階の「グロッサリー売り場」で、約200ブランド1,700種類のチョコレートを販売する国内最大級のイベント。
阪急うめだギャラリーでは、チョコレートの原料であるカカオを身近に感じてもらいたいという思いから、500種類のタブレットチョコレートを集めた「カカオワールド」を展開。カカオにこだわっているブランドが多く出店しており、ベトナムの「マルゥ」やフランスの「エリタージュ」などが登場する。
祝祭広場では、日本を代表するカカオの達人「5人のカカオティエ」によるスペシャルチョコレートを販売。小山進氏の「パティシエ エス コヤマ」、土屋公二氏の「ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ」、三枝俊介氏の「ショコラティエ パレ ド オール」、八木克尚氏の「バニラビーンズ」、吉野慶一氏の「ダリケー」が集合した。
また、4つのカフェでも特別企画としてチョコレートメニューを提供する。マルゥの世界初のカフェ「マルゥカフェ by カフェ ル パン」では「エクレア」(税込700円、各日30個限定)、カカオティエの土屋氏が手がけた「カカオストア by ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ × カフェ ル パン」では「トーストショコラ」(税込700円)など、同イベントのためのプレミアムメニューが用意されている。
その他にも、アートステージでは「日本の銘菓撰」を担当するバイヤーが地方の特産品を使った限定品などを厳選した「ニッポンのチョコ」など、様々な企画を行っている。販売商品は全て各日数量限定となっている。 

阪急うめだホール 阪急うめだ本店
place
大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 9F
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら