限定駅弁も! 北陸新幹線開業記念イベント、東京ステーションシティで開催


2015.03.10

マイナビニュース

東京ステーションシティ運営協議会は3月14日~29日、北陸新幹線開業に合わせ、東京ステーションシティ(東京・東京駅内)にて「北陸新発見フェア」を開催する。
同イベントでは、北陸新幹線沿線にある富山・石川・福井・新潟・長野各県の特産品を集めた物産展や、同5県の観光PRイベント、北陸新幹線開業を記念したノベルティの配布などを行う。
各県の地域特産品を販売する「出張! 日本百貨店」は地下1階の「びゅうスクエア」にて行われる。北陸地方のグルメや、北陸新幹線をかたどった雑貨などの商品をそろえるという。
また、改札内1階では3月14日~31日に、北陸3県の名産品や「北陸新幹線(E7系)・北陸」をテーマに開発した限定のオリジナルグッズを販売する「HOKURIKU BOX(ホクリクボックス)」の第2弾を開催。トートバッグや「ツバメノート」など、石川県輪島市出身の漫画家・永井豪氏の代表作『マジンガーZ』とE7系新幹線とのコラボレーションアイテムもとりそろえる。
ほかにも、3月11日~3月29日には、北陸新幹線沿線の5県で伝統的に伝わるご当地料理やそのアレンジ料理、ご当地素材を使用したメニュー15種を東京ステーションシティ内の各飲食店が展開する。
「うどん酒房 杵屋」の「揚げ白海老の丼ぶり定食」(1,200円・1日10食限定)や、「リッショマニア キッチン」の「ずわい蟹とうにの釜めし+板うに付き」(3,024円・1日10食限定)、「とんかつ寿々木」の「たれかつ丼」(1,200円・1日15食限定)などが販売される。なお、メニューにより提供時間が異なる。
駅内「駅弁屋 祭」「駅弁屋 踊」をはじめとする日本レストランエンタプライズの弁当売店では、3月14日から「北陸新幹線開業記念弁当」(1,300円)を販売。二段重ねの折に、マスの寿司や合鴨スモーク串など北陸をイメージした料理屋食材を詰め合わせた一品となる。そのほか、「ニッポンの駅弁」では「新幹線E7系弁当」(1,300円)、「浅草今半」では「能登牛 すき焼弁当」(2,700円・1日15食限定)が提供される。
※価格は全て税込 

read-more
リッチョマニアキッチン
place
東京都千代田区丸の内1-9-1
phone
0362126224
opening-hour
11:00-23:00(L.O.22:00)
no image
駅弁屋 踊 GRANSTA店
place
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅構内・GRANSTA TOKYO 1F
phone
0332134352
opening-hour
GRANSTAに準じる
no image
駅弁屋 祭 グランスタ店
rating

4.0

139件の口コミ
place
東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内B1F改札内 GRANSTA
phone
0332134352
opening-hour
5:30-23:00

この記事を含むまとめ記事はこちら