やっぱり王道!祇園で頂く匠のオムライス「北極星」【祇園ランチ】


2020.01.09

Kyotopi

言わずと知れたオムライス専門店。レストランの形態を兼ね備えた祇園店ならではのサービスと空間はカジュアルながらくつろげる空間で伝統と革新が交錯したオムライスを味わえる京都ならではのオムライスパラダイス。これが京都Styleの北極星八坂神社と円山公園のすぐ横のビル二階に位置する、オムライス発祥店として名高い心斎橋発のオムライス専門店「北極星」
無機質な感じのビルですが、お店の前にはタペストリーや看板がその存在を主張しています。
京都駅に出店した今関西で最も勢いあるオムライス専門店。クラシカルな洗練空間クラシカルな木目調ダークブラウンの木目を基調としたシックな設えの店内。
派手派手しくないシャープでクラシカルなインテリア。
お席はカウンターに広めのテーブル席がゆったりレイアウト。
大きくとられた窓からは八坂神社や交差点を望みます祇園らしい賑わいのある景色。
カウンター席も円山公園の緑をのぞみ、お一人様でも快適に過ごせるスタッフさんはみな、紳士的な対応。
肩肘張らないカジュアルな空気感としっとりくつろげる空間をクリエイト。テイクアウトやスタンドタイプの店舗が続々とオープンする中、
北極星のレストラン形態のお店としては最も新しい店舗となりバリアフリーの身動きしやすいフラットな設え、テーブル毎に呼び鈴がありストレスフリー。
ゆるやかに流れる甘い洋楽R&B、観光地らしからぬしっとり、ムーディーな空気感。
スターのオーナメントなど遊び心あるポップな内装は女性お一人様でもゆったり寛げる空気感。見応えあるライブキッチン祇園店の醍醐味はなんといってもガラス張りの躍動感あるオープンキッチン。
コック帽に白衣をまとったシェフが華麗にフライパンを操る姿に目が釘付け。
技を習得したシェフの証、大阪店ではない京都ならではのオンリーワンの雰囲気。オムライスだけでない、充実の洋食メニュースイーツメニューあんみつやケーキなどデザートメニューにはかなり力を入れ入れている様。メニュー全景スタンダードなオムライスの他、オリジナルオムライスも展開。
スイーツやドリンクメニュー、グリル系のアラカルトも豊富でもはや西洋カフェレストランといっても過言ではない充実のメニューラインナップ。ボリューム感あるセット内容全てのオムライスにスープとサラダ付き。
サラダは、レタスに水菜のグリーンサラダに和風ドレッシングをかけたあっさりティスト。
コーンスープは甘みが強くこっくり、まろやか。クルトンがアクセントになりしっかりとろみがありお腹にたまります。欧風カレーとオムライス最高のドッキングビーフカレーオムライス北極星のオリジナルビーフカレーとオムライスがダブルで楽しめる贅沢な内容。
ヨーロピアンな深みある絵皿で上品に配膳。
艶やかにかがやくブラウンの海、美しい流線型を描くオムライスアイランド。
パステルイエローの卵は表面はつるつる、そして適度なかたさと柔らかさ。美しいとトラディショナルルックスパラパラのバターライスのバターライスは飴色の玉ねぎと至ってシンプル。
パラパラのご飯はソフトな薄焼き卵との相性抜群。
カレーはポピュラーな欧風タイプ。
口の中でとろける柔らかな牛肉に、とろとろの玉ねぎコクと甘みの強いあるまろやかなルーは万人ウケ間違えなし。
サイドに配した生姜の甘酢が箸休めになり最後まで美味しく頂けます。
これぞ原点回帰の王道オムライス。オムライスはテイクアウトもしており
京都感を満喫しながら野外で食べるのもおススメ。
学割メニューがあったり、場所柄学生さんにも優しい店づくり。
レトルトカレーやオムライスのためのケチャップ、オリジナルグッズといった
物販にも力を入れている様。
学割のほか、携帯会員になれば月替わりの特典やいつでも10%offクーポンなどなどお得なポイントが盛りだくさん。
リピートしたくなる空間や味わい、そして心安らぐホスピタリティ。
オムライス巻き体験などお客様と交流する機会を設けたイベントも要チェックです。基本情報店名:北極星 京都 祇園店
住所:京都市東山区祇園町北側300 ムーンビューティ祇園ビル 2F
電話番号:075-525-0358
営業時間:11:00~21:30
定休日:無
関連ページ:http://hokkyokusei.jp/gion.html 

この記事を含むまとめ記事はこちら