蓼科の絶景を望むパノラマ露天風呂で、紅葉と星空に抱かれる


2019.09.29

一休コンシェルジュ

八ヶ岳の西麓、標高1,200mにある蓼科高原は、夏は避暑地、冬はウインタースポーツで知られる高原リゾート。なかでも紅葉の美しさは格別!「テラス蓼科リゾート&スパ」に滞在すれば、感動ものの紅葉に出会えます。八ヶ岳連峰を見ながら温泉に浸かれるパノラマ絶景風呂「テラス蓼科リゾート&スパ」は、2005年に開業した企業の会員制リゾートホテル。空室があれば一般の人にも開放されており、蓼科の自然に触れながら思い思いの休日を過ごせる宿として人気を集めています。特徴は何と言っても絶景露天風呂でしょう。幅12m、横にずーっと長い浴槽を備えた露天風呂で、目の前に広がるのは八ヶ岳の大パノラマ! 近くには蓼科の山々や白樺の木が迫り、訪れる人を一瞬で魅了します。しかもその絶景を湯に浸かりながら眺められるのですから、言うことなし! 何度でも入りたくなりますよ。湯はナトリウム-塩化物・硫黄塩泉。美肌にいいと言われるメタケイ酸を豊富に含むそうで、女性ならきっと大喜び。晴れていれば、満点の星に見守られた入浴も叶います。ホテル棟とコテージ、2タイプの部屋お部屋の種類は大きく分けて、センターハウスにつながる「ウイング」と、敷地内に点在する離れの「コテージ」の2つ。温泉やレストランに近い場所を望むなら「ウイング」を、より自然を感じて過ごしたい人は「コテージ」を選べば間違いありません。それぞれにワンフロアのフラットタイプと2階建てのメゾネットタイプがあり、広さは最小でも55平米。窓も大きく取られているので、蓼科の森をすぐそこに感じて過ごせます。全室テラス付きなので、夏は涼やかな風に吹かれるテラスが特等席に。高原に来たことをきっと実感できますよ。紅葉名所のオンパレード高原リゾートという性格上、連泊する人も多いと思いますが、あちこちに出かけたいアクティブ派も、宿でゆっくり過ごしたいステイ派も、ここなら満足すること、請け合い。
例えばアクティブ派なら、積極的に自然の中に溶け込んではいかが。ホテルから車で30分以内の所にさえ、蓼科湖、白樺湖、車山高原に横谷峡など、紅葉名所がいっぱい。ちなみに見頃は10月中旬から。八ヶ岳と湖、紅葉という鉄板の組み合わせを満喫しましょう。
もっと手軽に……という場合は敷地内の散策でもOK。リスやウサギ、なかにはシカの親子に遭遇したゲストもいるそうです。リラクゼーションサロンで心身をデトックスステイ派ならリラクゼーションサロンへ足を運ぶのも手。医療用として用いられるベルギーのプラナロム社製の精油とオールハンドによるトリートメントや、一人用テントを使ったハーブスチームサウナなど、多彩なメニューが用意されています。いずれも要予約。希望する人は予約をお忘れなく。食事は、2019年3月にリニューアルしたばかりのレストラン「グランディッシュ」で。夕食・朝食ともに採れたての新鮮野菜を中心としたブッフェ料理が楽しめます。
特に夕食のブッフェは季節ごとにテーマが定められており、秋はキノコ尽くし。メイン料理としてカスタマイズできる丼や鉄板で仕上げる特製焼き豚なども登場します。豊かな自然に囲まれた「テラス蓼科リゾート&スパ」で、ぜひ心身をリフレッシュさせてくださいね。 テラス蓼科リゾート&スパ 長野県/蓼科高原 詳細情報はこちら  

read-more
テラス蓼科リゾート&スパ
place
長野県茅野市北山4035-949
phone
0266670100

この記事を含むまとめ記事はこちら