旅人の交差点・東京駅ならではのカフェ「ROUTE CAFE AND THINGS」


2020.03.27

Harumari TOKYO

これから旅に出る人や旅の目的地として訪れた人、そして旅の途中の人など、さまざまなかたちで「旅」と関わる人々が行き交う東京駅。その目の前に位置する丸ビルにあるのが、まさに「旅」をテーマに、書店・雑貨店・イベントスペースを兼ね備えたカフェラウンジ「ROUTE CAFE AND THINGS(ルート カフェ アンド シングス)」である。ROUTEは、カフェ内に30〜50人規模でのイベントが行えるほどのスペースを有しており、旅を彩る雑貨を販売したり、地方自治体や企業による展示・イベントを行ったりと、あらゆる視点から「旅」を切り取った発信をしている。中でも大きく展開しているのが、旅をテーマにセレクトした書籍だ。“旅の本”と聞くと、つい観光ブックや街歩きに役立つ情報誌を思い浮かべがちだが、ここにあるのはけっしてその限りではない。世界の絶景を収めた写真集、地方文化の専門書、料理研究家によるグルメエッセイや旅行記まで、バラエティ豊かなラインナップが揃い、購入はもちろん、自由に手に取って店内で読むこともできる。広々としたフロアで、流れるように見て回ることができるレイアウト、表紙を正面に向けて並べられた本、そしてそれらから、個性あふれるイラスト、写真、タイトルが次々と目に飛び込んで来てはワクワクさせられる感覚はギャラリーのよう。それぞれの棚は独自の切り口でカテゴライズされており、たとえば「建築世界をめぐる旅」「見て食べておいしい甘旅」など、ユニークな旅の楽しみ方を提案してくれている。メインのカフェスペースでは、そんな書籍エリアの本を持ち込み旅の計画を練ったり、こだわりのフードやコーヒーと供に、自分の時間を過ごしたりすることができるというわけだ。また娯楽としての旅はもちろんだが、なにせここは東京随一のオフィス街・丸の内。ビジネスで訪れる人にとっても利用しやすい環境が整っている。店内にはフリーWi-Fiを完備。カジュアルなテーブル席は、商談前の打ちあわせや遠方から訪れた取引先との待ちあわせの場としても活躍するだろう。特に電源コンセントを備えたカウンター席は、長旅の前後に非常に心強い味方だ。そしてそのカウンターから望む景色こそ、ROUTEが旅をテーマにしたカフェであることを何より象徴するものだ。目の前に広がるのは、東京駅の丸の内駅舎が一望できる贅沢な眺め。情緒あふれる赤レンガ造りの塔時計を眺めていると、ここが東京の表玄関であり、さまざまな人の旅の拠点“東京・丸の内”であることをあらためて強く実感する。「ここは、路面店のカフェのように人の流れや賑わいが気になることもないですし、何より目の前がこの景色ですからね。仕事や読書にと、優に2、3時間は過ごされていく方が多いですよ」と、店長の佐々木洋志さん。正直、仕事をするにはもったいないほどの絶好のロケーションだが、常に多くの人で賑わう丸の内で、こうして落ち着いて自分の時間が過ごせるカフェはかなり貴重だ。また、北から南まであらゆるエリアと繋がる東京駅らしい客の姿も。「旧友同士と思われるお客様も見受けられます。あちこちに散らばった昔の仲間が東京駅で集まって再会し、上階のレストランで食事をされた後にお茶をしに来てくださるのだと思います。東京駅ならではの光景ですよね。楽しそうに昔話に花を咲かせている様子を見ていると、とても嬉しくなります」。カフェで提供するメニューは、三軒茶屋の「GUUUTARA COFFEE」監修のスペシャルコーヒーや、参宮橋の人気カフェ「LIFE son」の相場正一郎シェフが監修したオリジナルホットドッグなど、それ自体を目的に訪れたくなるほどこだわりがつまったものばかり。昨今は、食が旅の目的という人も多いだろう。“ここでしか出逢えない美味しさ”という意味では、この味を求めてROUTEに行くことも、小さな旅のひとつといえそうだ。
今後はイベントにあわせて、各地の特産食材を使ったスペシャルメニューなども増やしていきたいと語る佐々木さん。「“なんとなく使う”だけのカフェではなく、美味しいもの、楽しいイベント、美しい景色やユニークな本……。旅のように『ここに来れば何かいいものに出逢える』と、目的をもって来てもらえる店でありたいと思っています」。さまざまな切り口から旅を彩る、ROUTE CAFE AND THINGS。出発地として目的地として、また経由地として、この店を旅のルートに加えてみてはいかがだろうか。 取材・文 : RIN 

read-more
ROUTE CAFE AND THINGS(ルート カフェ アンド シングス) 丸の内ビルディング店
place
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング(丸ビル)4F
phone
0362680160
opening-hour
丸の内ビルディング(丸ビル)に…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら