おいしい餃子を求めて旅をする「餃子留学」!第3回は福岡県博多〈博多祇園鉄なべ〉へ〜徳成祐衣の果てしなくギョーザな日々〜


2021.11.27

Hanako.tokyo

〈クックパッド〉広報の徳成祐衣さんが、愛してやまない餃子の絶品おうちレシピやとっておきのお店を紹介する連載。第31回は、福岡県福岡市博多にある餃子店〈博多祇園鉄なべ〉の魅力を紹介します。おいしいものに溢れる、福岡。私の父の出身地で、いまも祖母が住んでいるため、幼い頃から年に数回は訪れるご縁のある土地なのですが、博多ラーメンに、うどん、水炊き、もつ鍋…数日間の滞在では食べ切ることができないほどグルメな名物が豊富なので、福岡で餃子をいただくのは初めてかも。ということで、餃子留学第3弾!わくわくが止まりません。お目当てのお店は〈博多祇園鉄なべ〉!博多在住・在勤の友人がおすすめしてくれました。一軒の屋台からスタートした老舗の餃子屋さんです。オープンとほぼ同時に店内へ。店内には、著名な方々のサインや写真がずらり。お客さんもどんどん入って来られます。博多座が近いからか、歌舞伎俳優の方なども来店されているようです。お店入り口付近にはテーブル席があり、あっという間にほぼ満席!注文したのはもちろん「焼き餃子」。3人で伺ったので3人前をオーダーしたのですが「それでは全く足りないわよ!女性1人でも2人前は食べられます」とお店の方に教えていただき、オーダーを変更。
待つこと10分ほど。立ち上る湯気とじゅわじゅわ〜という音とともに、餃子が登場。鍋いっぱいに敷き詰められた餃子の焼き目の美しいこと。それにしてもおいしそうすぎる〜早速いただきます!表面カリカリ、中ふわふわ。小ぶりながらもニラとニンニクがガツンと効いており、次から次へとお箸もビールも進んでしまう…。テーブルには、福岡らしくポン酢しょうゆと柚子胡椒が並びます。「ポン酢に柚子胡椒を溶いてもいいですが、餃子に柚子胡椒を乗せていただくのもおいしいですよ」とお店の方。なるほど、柚子胡椒の爽やかな辛さが病みつきに。赤唐辛子ももちろんおいしい。お店はもう50年以上前から続いているそう。作り置きは一切せず、その日に皮から作り、出来立てを提供されているのだとか。鉄鍋だから最後までアッツアツをいただけるのがうれしい限り。あっという間にぺろりと完食、ごちそうさまでしたー!過去の連載はこちら
徳成祐衣の果てしなくギョーザな日々。 一覧 

read-more
博多祇園鉄なべ
rating

3.5

245件の口コミ
place
福岡県福岡市博多区祇園町2-20
phone
0922910890
すべて表示arrow
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら