【京都のお土産】京都府京都市北区「中華料理サカイ本店」の冷やし中華


2019.09.09

GOTRIP!

世界中の人々が観光に訪れる古都・京都。京都には世界に誇るべき美味しいグルメがたくさん存在しており、その味わいは日本人のみならず、海外の方々をも魅了し続けている。そんなグルメ都市・京都を訪れたのなら、様々なお土産を自宅に持ち帰りその味わいを自宅でも堪能したい、そう思う方々も多いのではないだろうか。今回は京都が誇る街中華の名店、京都府京都市北区の「中華料理サカイ本店」のお持ち帰りメニュー「冷めん」をご紹介したい。・1939年(昭和14年)創業の老舗中華料理店「中華料理サカイ本店」が誇る絶品メニュー、それが冷やし中華
「中華料理サカイ本店」とは、1939年(昭和14年)創業の京都の老舗中華料理店。1939年と言えば、ドイツ軍がポーランド西部国境を突破し、第二次世界大戦が始まった年。混沌とする世界情勢と呼応するかのように、日本でも国家総動員法による「国民徴用令」が公布・施行され、さまざまな物価が高騰し物価統制が行われるなど、国際情勢そのものが国民生活全体に影響を及ぼすようになっていく状況。そんなタイミングでこちらのお店は産まれたのだ。
そしてこちらのお店の大人気メニューが冷やし中華。冬でもお客の9割が注文するため1年中冷やし中華を提供しているこちらのお店。そんなお店のお持ち帰りできるお土産が「冷めん」なのだ。
・最高の冷やし中華の味わいを自宅で楽しめるお土産、それがサカイの「冷めん」
こちらのお持ち帰りのパックだが、お鍋に湯を沸かして麺を茹でるだけで、京都のお店と同じ味わいを楽しめるという最高のお土産セットとなっている。
セットには生麺のほか、サカイの特製ダレにチャーシュー、そしてきゅうりの千切りと海苔まで付いているため、包丁やまな板を用意する必要は全くないのだ。
また、包み紙には調理方法が書かれているため、書いてある通りに麺を茹で上げれば、誰でも失敗なく京都のお店と同じ味わいを楽しめる。
実際に作ってみればわかるのだが、非常に簡単。まずは説明書に記載されている通りの時間、麺を茹で上げる。
冷水で麺を洗いお皿に盛り、
お土産パックに入っているキュウリとチャーシューを麺の上に盛り付けて
特製のタレをかけて
最後に海苔を散らせば出来上がりとなる。
味わいについてはサカイ本店で味わう冷やし中華と同じだ。モッチリとしていながら、しっかりとしたコシを持っている味わいのある麺は、最高の食感と味わいを楽しませてくれるし、その最高のコシをもつ麺に、こちらのお店のオリジナルのクリーミーなタレが良く合う。タレはおそらくカラシ、マヨネーズ、そして通常の冷やし中華の醤油ダレのようなものが混ざっていると思われる。そしてシャキシャキとした食感のキュウリに、ウマミたっぷりのチャーシューと麺を一緒に味わえば、麺、具材、タレの絶妙な味わいを堪能できるのだ。
世界中の人々が観光に訪れる古都・京都。世界に通用する様々な美味しいグルメがある京都には、他には無い、ここでしか味わえない美味しい冷やし中華が存在している。そんな冷やし中華を自宅で楽しむ、そんな自宅に帰ってからも楽しめる京都のお土産を手に入れるのもいいかもしれないのだ。Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディアお店 中華料理サカイ本店
住所 京都府京都市北区紫野上門前町新大宮商店街北大路上ル92 新大宮商店街
営業時間 11:00~22:00
定休日 月曜日(祝日の場合は営業)
お店の公式ホームページ http://www.reimen.jp/ 

read-more
新大宮中華のサカイ本店
rating

4.0

21件の口コミ
place
京都府京都市北区紫野上門前町92
phone
0754925004
opening-hour
火-日 11:00-22:00(宴会は21:3…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら