近づくと水の流れが変化!?チームラボによる巨大な滝が豊洲に出現


2020.07.08

girlswalker

アート集団・チームラボによる新たな作品「空から降り注ぐ憑依する滝」が、2020年7月16日(木)から、チームラボプラネッツ TOKYO DMMにて公開される。同スポットは、超巨大な4つの作品空間と屋外作品を中心とした計8作品による「水に入るミュージアム」。現在は、入館制限等の新型コロナウイルスの感染防止策を実施の上で、ミュージアムをオープンしている。同作品は、デジタルテクノロジーによるアートとしては他に類のない大きさのパブリックアート。開放感のある屋外で、入館の有無に関わらず、誰でも鑑賞できる作品となっている。水は、無数の水の粒子の連続体で表現し、粒子間の相互作用を計算している。そして、水の粒子の挙動によって、空間上に線を描く。その線の集合をチームラボが考える「超主観空間」によって平面化し滝を描いている。人々が作品に近づいたり、作品の上に立つと、水の流れが変化していく。作品は、人々のふるまいに影響を受けながら、永遠に変化し続ける。また、期間限定で、来場者が裸足になって水の中を歩く作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity」が夏の装いになる。水面を泳ぐ鯉たちが人々にぶつかると、向日葵に変化し散っていく。1年を通して、咲いていく花々は季節とともに移り変わり、向日葵の花が見られるのは、7月16日(木)~8月2日(日)まで。「The Infinite Crystal Universe」(写真上)、「Floating in the Falling Universe of Flowers」(写真中)、「Expanding Three-Dimensional Existence in Transforming Space – Flattening 3 Colors and 9 Blurred Colors, FreeFloating」(写真下)も展示中。「Cold Life」(写真上)、「Waterfall of Light Particles at the Top of an Incline」(写真下)も体験することができる。非日常の空間に訪れてみては。Information空から降り注ぐ憑依する滝
《公開日》7月16日(木)
《場所》チームラボプラネッツ TOKYO DMM
《開館時間》平日 10:00〜19:00、土日祝 9:00〜19:00
※最終入館は閉館の30分前
※2020年秋までとしていた会期が2022年末まで延長された
《公式サイト》https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/ 

read-more
チームラボ プラネッツ TOKYO
place
東京都江東区豊洲6-1-16
opening-hour
[月-金]10:00-25:00[土日祝]9:…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら