※掲載データについては2021年のデータとなり、参考情報となります。

桜・お花見特集2021全国の桜の見ごろ・開花状況

エリアから探す

条件
開花状況

おすすめお花見スポット

  • 醍醐寺
    醍醐寺
    京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
    「醍醐山」全体を寺域とする真言宗醍醐派の総本山で、境内には国宝・五重塔をはじめ、多数の国宝・重要文化財を有している。豊臣秀吉が「醍醐の花見」を行った京都屈指の桜の名所。春の境内では河津桜を皮切りに、枝垂れ桜やソメイヨシノ、山桜、大山桜などが次々と開花し、毎年3週間ほど花見が楽しめる。中でも、京都市内最古といわれるソメイヨシノや三宝院ヤエベニシダレザクラなどが有名である。
    sakura-icon 例年の見頃
    3月下旬-4月上旬
  • 斐伊川堤防桜並木
    斐伊川堤防桜並木
    島根県雲南市木次町木次
    約2kmにわたって800本もの桜並木が連なる中国地方随一の桜の名所で、「日本さくら名所100選」に選定されている。満開時には辺り一帯が桜のトンネルとなり、多くの花見客が訪れる。毎年桜の開花時期には桜まつりが開催され、ぼんぼりでの夜桜ライトアップや春には珍しい打ち上げ花火、出店等様々なイベントが行われる。
    sakura-icon 例年の見頃
    3月下旬-4月中旬
    ソメイヨシノ見頃:4月上旬-中旬
  • 吉野山(下千本)
    吉野山(下千本)
    奈良県吉野郡吉野町吉野山2430
    シロヤマザクラを中心に、約200種30,000本もの桜が咲き競う日本屈指の桜の名所「吉野山」。圧倒的な桜の数から「一目千本」と言われ、下千本・中千本・上千本・奥千本の4エリアに分かれている。最も早く桜が開花するのが下千本であり、特に「七曲り坂」や「下千本展望所」から望む桜風景が素晴らしい。吉野山のシンボルである世界遺産「金峯山寺蔵王堂」も必見。例年の見ごろは4月上旬から中旬で、桜の開花に合わせて山全体で桜まつりや夜桜のライトアップが行われる。近鉄線吉野駅からロープウェイで約3分。売店・トイレ・駐車場あり。桜のシーズンは一部で交通規制を実施。
    sakura-icon 例年の見頃
    4月中旬-4月下旬