沼に映る深紅のモミジが美しい紅葉散歩!秋田八幡平・大沼自然研究路


2017.09.18

LINEトラベルjp 旅行ガイド

東北を代表する紅葉の名所八幡平。秋田県と岩手県を結ぶ八幡平アスピーテラインは、春の雪の回廊、夏の新緑、秋の紅葉と美しい眺望を眺めながらダイナミックなドライブができる人気のドライブコースです。
その途中にある大沼自然研究路には、歩きやすい木の遊歩道が設けられ、ゆっくり紅葉を堪能するのにぴったり。沼に映る深紅のモミジはため息が出る美しさです。
秋田県側から八幡平アスピーテラインに入る
秋田県と岩手県にまたがる台地状火山の八幡平。火山帯ならではの神秘的な風景は、秋の紅葉時にピークを迎えます。約500種類もの植物が自生する八幡平は、散策路も多く整備され、紅葉散歩にぴったり。
八幡平へのアクセスは岩手県側と秋田県側とありますが、今回は秋田県側からのルートで紹介します。日本一深い田沢湖から国道341号線をひたすら上っていくと、湯煙りたなびく玉川温泉に到着。
国道から玉川温泉ビジターセンターを結ぶ、新玉川温泉大橋からの景色は圧巻!車をビジターセンターに止めて、大橋から360度の紅葉パノラマを堪能しましょう。焼山をバックに紅葉にまみれる大橋は、観光パンフレットでよくみる絶景です。
八幡平の紅葉は高度や山の斜面の向きなどによって10月上旬から11月上旬まで比較的長い間紅葉を楽しめるのも魅力の一つ。新玉川温泉大橋の見頃は、10月中旬~下旬です。
気軽に紅葉狩りができる大沼自然研究路
新玉川温泉大橋から少し行くと、八幡平アスピーテラインのスタート地点に到着。八幡平にある3つの絶景ドライブルートの中でも、八幡平アスピーテラインは一押し!道路沿いを色鮮やかに彩る紅葉を見ながらのドライブは最高です!
八幡平アスピーテラインを走り始めると、八幡平ビジターセンタ―が見えてきます。目の前にある「大沼自然研究路」は、大沼の周りに歩きやすい木道が整備されているため、気軽に散策を楽しめます。
大沼に映る紅葉
大沼自然研究路は、ゆっくり歩いても30分で1周できる手軽な散歩道で、入口付近は車いすでも行けるほど、木道が広く歩きやすい!
右回り左周り、どちらからでもいけますが、歩き初めから感動を味わいたい人は、左回りがオススメです。
左回りから歩き初めるとすぐに、大沼に映る美しい紅葉が目の前に!黄金色に染まる湿地、黄色のカエデや赤のウルシ、ブナの枯葉のコントラストは見事!
八幡平ビジターセンターを望む
大沼の一番奥は、山側に入るため、頭上に紅葉が広がり、紅葉のシャワーをあびているよう!晴れている日は、木漏れ日が美しい散策路になります。
紅葉シャワーを抜けると、八幡平ビジターセンターが目の前に。写真でもわかるように、実は、ビジターセンター周りも紅葉スポット。特に真横の紅葉は極彩色で写真映えします。
八幡平ビジターセンターは、八幡平にある約500種類もの植物の紹介や、四季折々の写真展示、また、時期によっては八幡平周辺のガイドも手配してくれます。無料のガイドブックも豊富に取りそろえられているので、ぜひ立ち寄ってみてください。
2階から望む大沼の紅葉も絶景です!
蒸ノ湯展望
八幡平アスピーテラインには、いくつかの展望スポットがありますが、オススメは蒸ノ湯展望。八幡平で最も古く、乳白色の温泉、むき出しになった岩、湯煙、そして子宝の湯として有名な蒸ノ湯を上から望むことができます。
紅葉の合間を縫うように現れる湯煙とのコントラストが見事です。 

read-more
十和田八幡平国立公園 八幡平頂上散策路
place
秋田県仙北市、岩手県八幡平市
phone
0195783500
opening-hour
24時間

この記事を含むまとめ記事はこちら