樹齢2000年のパワースポット!山梨「山高神代桜」は日本最古の一本桜


2017.03.29

LINEトラベルjp 旅行ガイド

山高神代桜(山梨県北杜市)は推定樹齢2000年で、日本最古の一本桜。縄文杉のように歴史的な大木は杉か楠なので、日本最古の花見を楽しめる樹木でもあります。
著名桜の子孫が集められた実相寺境内でも、神代桜は先駆けて開花・満開になります。老木ながら率先垂範して咲く姿は、まさに生命力の塊であり、日本屈指のパワースポット。神話の時代から佇む孤高の一本桜の勇姿を見れば、人生観が変わっても不思議ではありません!
樹齢2000年の風格に圧倒される!山高神代桜
神代桜とは、神話の時代から存在しているかのように見える、桜の大木・古木という意味。同名の桜が全国にあるので、区別の為に地名を付けて「山高神代桜」と呼ぶ場合もあります。しかし、日本中に知れ渡っている一本桜なので、単に「神代桜」と呼ぶ場合は、この桜を意味する固有名詞になります。
山高神代桜の名前通り、実相寺は北杜市(ほくとし)でも標高が高く、春でも寒い場所ですが、その割には早い時期から開花します。山岳部なので開花は遅いと油断していると、あっという間に満開になり、散ってしまうので要注意。神代桜の詳細な場所は、写真右下の「地図を見る」をクリックすると、撮影地が表示されます。
神代桜のパワーを実相寺でお裾分けして貰おう!
山高神代桜を実相寺境内から見ると、写真のようになります。冒頭の写真は、実はお寺の外側から撮影したもの。樹齢2000年の風雪の為か、幹の正面中央に亀裂が入っているので、外側から写した方が絵になります。しかし、樹齢2000年の風雪を痛感するこの風景も、なかなかのもの。神代桜は、あらゆる角度から鑑賞して、その生命力のパワーをお裾分けして貰いましょう!
南アルプスと水仙に囲まれ、周辺環境も絶景!
神代桜がある実相寺は桜の寺として知られ、境内には全国の著名な桜の子孫が集められています。その中でも神代桜は、老木ながら率先垂範して真っ先に開花し、満開の見頃を迎えます。写真は実相寺境内を遠望した様子で、左側奥が満開の神代桜ですが、他は桃色のツボミ状態の桜が多いのが分かります。
神代桜の北側には、「南アルプス天然水」で知られるサントリー白州工場があり、実相寺の背後にも南アルプスの勇姿を望みます。隣接して水仙の花壇も整備され、美しい周辺環境が本当に魅力的。花見の時期には、まだ寒い地域ですが、春の気分は満開です!
神代桜満開後の数日間が一番の見頃!
先に紹介した3枚の写真は、神代桜の満開が発表された翌日に撮影したもの。神代桜だけを目的にする場合には、一番おすすめの訪問タイミングです。しかし、他にも多数ある桜の大半はツボミ状態なので、それらが見頃を迎えた時の様子を知りたくなるのも事実。一方、この写真は神代桜満開の翌週ですが、両側の桜が咲いた上に神代桜の見頃も継続しています。
このように神代桜は、その生命力ゆえか、真っ先に咲く上に見頃が長いのが特徴。つまり、おすすめの訪問時期は、神代桜の満開が発表されてから、意図的に数日遅れて行く方法です。ただし、満開後に雨の日があると一気に散ってしまう場合があるので、天候には要注意です。 

read-more
山高神代桜
place
山梨県北杜市武川町山高2763 実相寺
phone
0551307866

この記事を含むまとめ記事はこちら